ホーム
2017年8月18日(金)19時49分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
トップ  >   >  おもちが喉につまったら

新聞に「おもちを侮ってはいけません。お年寄り、病気や麻痺のため食べ物を飲み込む力が衰えている人、乳幼児は注意が必要です」という書き出しで注意と応急処置の記事がありましたので掲載いたします。

…………………………………
食べ物は、舌の働きで、のどの奥の気管と気道に分かれる手前まで送られ、周囲の粘膜の神経を刺激して起きるぜん動などの反射運動で食道へ送り込まれます。中でも、もちは粘り気が強く、大きな塊のまま飲み込むと、気道の入り口を塞ぎやすく、飲み下す機能や吐き出す力が弱い人は、注意が必要です。

【注意】

もちは、ご飯をはしで食べる際の1、2口程度に小さく切る。雑煮の汁などでのどを湿らせる。ゆっくりとかむ。一人の時や酔ったときは食べない。口の中に入れたままで話をしない。周囲も話しかけない。

【詰まった場合の応急処置】

いざという時は、家族でも隣家の人でも応援を求め、できるだけ早く119番し、救急車を要請、到着するまで応急処置を施してください。窒息による呼吸停止から4分経つと蘇生の確率は50%、5分で25%に減ります。

処置

1.指で取り除く

まず、もちを詰まらせた人の口の中をのぞく。もちが見えたら、指にガーゼを巻き、円を描くようにして拭き取る。この際、もちを奥に押し込まないように注意する。

2.背中をたたく

もちが見えない場合、うつむかせて、両肩の肩甲骨の間を平手で力強く4回たたく。その後、口の中を確認し、もちが見えたら指で取る。一人がけのいすの上に腹ばいにさせて、たたくのも良い。

もちを詰まらせた人が倒れている時は、横向きにさせて、片方の手で背中をたたいて、同様に指で取り除く。

乳幼児の場合、うつぶせで頭を下向きにして左腕にのせ、左手の指先で口をこじあけたまま、右手で背中をたたく。

3.ハイムリック法

上記の方法でだめな時は、後ろから上半身を抱くようにして、右こぶしをみぞおちにあて左手を添え、4回力強く手前に引き上げ、上腹部を圧迫する。ただし、強く圧迫すると、内臓破裂の恐れがあり、10歳以下の子供には使わない。

このほか、掃除機の吸い込み口に細いノズルをつけ、口の中に入れて吸引する方法がある。しかし肺への影響など有害な面がないとは言いきれないので勧められない。
…………………………………

何よりも予防を万全になさり、事故のない楽しいお正月をおすごしください。

前
冬の入浴
カテゴリートップ
次
鍋料理

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project