ホーム
2017年10月21日(土)10時08分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 1
ゲスト: 8

もっと...
トップ  >   >  サバ

サバは日本近海で多く取れるため、古くから食用にされてきました。若狭から京へと海産物を運んだ道は、いつしか「鯖街道」と名づけられていました。サバの旬は秋です。春から初夏にかけて産卵を終えたサバが、体力回復のために秋に大食し脂が乗っておいしくなるためで、「秋サバ」とも呼ばれています。

【不飽和脂肪酸】

サバの脂分は、大半が不飽和脂肪酸です。牛肉や豚肉などに多い飽和脂肪酸は、過剰に摂取すると肝臓でのコレステロール合成が亢進しますが、不飽和脂肪酸はコレステロールの胆汁排泄を促進して、血中コレステロール値を下げます。つまり、同じように脂っこい食べ物であっても、サバなどの魚の脂は高脂血症を防ぎ、動脈硬化を予防する効果が期待できます。また、保健効果がよく知られているDHA(ドコサヘキサエン酸)も不飽和脂肪酸の一種です。DHAは脳内脂質の20%を占めており、細胞間での情報伝伝達をスムーズにする働きがあります。このため、DHAを多く摂取することで、記憶力や分析力などの学習能力が向上するという説があります。さらに赤血球や血管にも作用して血行を改善するので、末梢の冷えの改善や慢性的な疲れの回復にも効果が期待できます。

DHAが多い魚ではマグロがありますが、マグロの場合は特に頭(カマ)の部分にDHAなどの不飽和脂肪酸が多く、食事で毎日摂取するのは難しいでしょう。脂の乗ったトロの部分にも多いですが、高価ですから、これも毎日摂取するのは難しいと言えるでしょう。その点でもサバはお勧めです。サバ100g当たりのDHA含有量は1781mgで、DHAの目標摂取量は1日1500mgですから、サバなら半切れ摂れば十分になります。

同じようにサバには不飽和脂肪酸の一種であるEPA(エコサペンタエン酸)も豊富に含まれています。EPAには血栓形成を予防したり、血流改善による肩こり解消に効果があると報告されています。EPAを摂取し血小板膜における
EPA含量を増加させると、血小板凝集作用が強いトロンボキサンA2の産生が抑制されるため、血栓が形成されにくくなります。

【サバアレルギー】

サバには食べた後に蕁麻疹や腹痛が起きる、サバアレルギーだという人がいらっしゃいます。このような方のうち多くはアレルギーではないという説があります。サバは古くなると、サバ魚肉中に多く含まれる遊離ヒスチジンが、ヒスチジン脱炭素酵素を有する細菌によってヒスタミンになり、魚肉中に多量に蓄積されます。これを摂取することで、ヒスタミン中毒が起こり、蕁麻疹や腹痛などが発現するのです。もちろん、本当のアレルギーの方もいらっしゃ、いますが、こちらも多くの場合、アレルゲンはサバの魚肉そのものではなく、サバに寄生したアニサキスのことがあり、本当のサバアレルギーは少ないといわれています。

中国でもサバは気血を補い、胃を丈夫にし、体力をつける魚として、体力がなく冷える、動悸がする、物忘れをする、寝つきが悪いなど、「虚証」の人に常食することを勧めています。食が細く痩せ型で、冷え性、貧血気味で疲れやすい方にはお勧めです。    (参考:NIKKEI Drug Information)
 

前
カテゴリートップ

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project