ホーム
2017年12月13日(水)5時02分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
トップ  >   >  熱中症に注意

熱中症とは、暑さによって引き起こされる身体
の様々な不調のことで、日射病などを総称した呼び名です。
熱中症は、主に高温環境での長時間作業が続いたり、野外での
スポーツ活動中に起こりやすいといわれています。

【症状】

1.軽症度
  
  四肢や腹筋などに痛みを伴う痙攣、失神、脈拍が速く弱くなる、呼吸が乱れる、顔色が悪くなる、唇がしびれる、めまいなど

  特に運動をした後、末梢血管が広がり、脳をはじめ全身の血液量が減ったりすると、失神を起こしやすくなります。

2.中程度
  
  めまい感、疲労感、虚脱感、頭痛、吐き気、嘔吐などが重なって起こる

  血圧の低下、皮膚の蒼白、多量の発汗などのショック症状が見られ、末梢の循環が悪くなり極度の脱力状態となります。

3.重傷度

  意識障害、おかしな行動や言動、過呼吸、ショック症状などが中程度の症状と重なって起こります。

  自己温度調節機能が壊れ、体内の血液凝固による脳、肺、肝臓、腎臓などの多臓器不全となり、危険性がとても高く死にいたることもあります。

【予防法】

1.水分補給

  人間は寝ているだけでもコップ1杯分の汗をかくといわれていますが、特に夏の場合はそれ以上に汗をかいています。日ごろから、意識的に水分補給をすること心がけ、例えば入浴前後、就寝前後、外出後、スポーツ後など、脱水症状にならないように注意しましょう。

2.塩分補給

  水分補給のほかに大切なものが塩分です。発汗すると、水分と一緒に塩分も体外へ排出されてしまいます。塩は、身体の調節機能に欠かせないものですし、塩だけなめるよりも、スポーツドリンクなどを活用して、水分と塩分の補給に気をつけましょう。しかし、スポーツドリンクには糖分も含まれていますので、飲みすぎにも注意が必要です。

3.充分な睡眠

  熱帯夜が続くと、とかく睡眠不足になりがちで、疲れが残ってしまいます。日中に昼寝かできると良いのですが、そうもいかない場合には、せめて休日だけでもゆっくり休んで、日頃の睡眠不足を解消しましょう。
                     (参考:万田 第7号)
 

前
夏の健康対策
カテゴリートップ
次
夏の皮膚病と汗

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project