ホーム
2017年10月19日(木)7時02分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
トップ  >  漢方薬  >  水のバランス

 

身体の中の65%は水分だといわれます。水分の代謝が悪くなると 細胞の新陳代謝が不活発になり、むくみが現れます。
その代謝の悪い体質を水毒と言いますが、特徴は、湿気が強くなると身体が重くなることです。これがひどくなると、むくんだり、痛んだりします。

水毒に良い漢方薬としては、

のどの渇きが止まらない時は、白虎湯
ビャッコトウ

めまいがひどい時は、苓桂朮甘湯
レイケイジュツカントウ

下半身が冷えてめまいのある時は、真武湯
シンブトウ

水っぽい痰や、鼻水が出る時は、小青竜湯
ショウセイリュウトウ

心臓疾患でむくみのある時は、木防已湯
モクボウイトウ

関節に水がたまって腫れたときは、越婢加朮湯
エッピカジュツトウ

のどが渇いてむくむ時は、五苓散
ゴレイサン

膀胱炎の時は、猪苓湯
チョレイトウ

汗が多い場合は、防已黄耆湯
ボウイオウギトウ

夜のおしっこが近い場合は、八味丸 等を用います。
ハチミガン
 

前
血のバランス
カテゴリートップ
漢方薬
次
漢方の実証と虚証

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project