ホーム
2017年12月13日(水)4時57分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
トップ  >  漢方薬  >  冷え症

冷え性は女性に多く見られる症状で、疾患の一つと誤解されがちですが、あくまでも不定愁訴の一つです。

冷える部位は、腰、足、下肢、手、腹部が多く、全身の冷えを訴える場合もあります。

実際には正確に「冷え」の部位を特定できないことが多く、サーミスタ温度計によって「冷え」を訴える部位の皮膚温度を測定してみたところ、低い測定値は得られなかったという報告もあります。

むしろ、末梢部位(手足)の「冷え」というよりは、中枢側の感受性の受けとめかたの問題で、不定愁訴を起こす疾患の一症状と考えられています。

「冷え」を訴える基礎疾患としては、自律神経失調症、心身症更年期障害などがあります。

次に「冷え」に使われる主な漢方処方を挙げてみましょう。

1.当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
虚証。貧血の傾向があり、体はあまり丈夫でなく、色白で生理不順があり、腰から下が冷える場合。

2.当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)
虚証。手足が冷え、しもやけを起こしやすい人や寒冷によって腹痛や腰痛を起こしやすい場合。

3.真武湯(シンブトウ)
虚証。新陳代謝が低下して痩せて元気がなく、全身倦怠感を訴え、手足が冷える場合。下痢、腹痛、めまいを伴うこともある。

4.八味地黄丸(ハチミジオウガン)
虚証。腰痛、下半身の冷え、多尿、頻尿などがある老人性の冷えに良い。

5.人参湯(ニンジントウ)
虚証。胃腸が弱く、体力が低下している場合。

6.呉茱萸湯(ゴシュユトウ)
虚証。頭痛、肩こり、嘔吐などを伴う冷えの場合。

7.桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)
実証。生理不順があり、下半身が冷える場合。

前
不妊症(排卵障害)
カテゴリートップ
漢方薬
次
月経不順

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project