ホーム
2017年8月18日(金)19時53分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
トップ  >   >  夏の皮膚病と汗

夏期になると病院の皮膚科では、冬期の2倍の患者さんがあるということも聞いていますが、夏は皮膚病の発症が最も多い時期です。

夏の皮膚病の代表にあせもがあります。あせもは汗の出る管の出口に汗の成分や空中のホコリ、汚れが詰まって汗が出なくなり炎症を起こす現象で、多くはカユミを伴います。子供に多いと思われがちですが、肥満や更年期障害などで体質的に汗っかきの方や汗をかくことが多い仕事の方は要注意です。最近ではストレスにも影響されることも報告されています。夏場はほかに水虫、とびひなども増えます。水虫の原因となる白癬菌や、とびひを引き起こす細菌にとって、高温多湿という夏の気候が繁殖に絶好の条件となります。

あせもに限らず、夏の皮膚病の発症や悪化には汗が関係しています。汗で皮膚が湿って柔らかくなっていると、ホコリや汚れがつきやすく、細菌なども繁殖しやすくなります。さらに、汗がたまった部分からは雑菌などが体内に入りやすくなります。

そこで、汗をかいた後の皮膚の手入れが大切になります。シャワーや水で洗い流すのが最善の手段ですが、外出先では無理がありますので、とりあえずハンカチやウェットティッシュなどで拭き取りましょう。一度汗を拭いたハンカチやタオルは何度も使わないほうが良いでしょう。
着替えの下着も用意しておき、汗で濡れたらすぐに着替えることができれば万全です。
在宅していて浴室で汗を洗い落とせるような場合でも注意すべきことがあります。汚れを落とそうとしてナイロンタオルやボディブラシでゴシゴシこすると、皮膚に傷がついて逆にあせもや湿疹が出やすくなります。

特に最近では、冷房の除湿機能によって皮膚が乾燥し、夏でも冬のようにカサカサな肌の方が多くなりました。カサカサな肌は小さな傷がつきやすく、その傷から細菌が入り込みやすい状態にあります。また、夏には入浴で温まり過ぎによって入浴後にたくさんの汗をかき、あせもが悪化することもありますから、シャワーで代用するなど状態に合った(冷房で身体が冷えているときには、身体を温めることが大事です)方法で汗を落としていただきたいと思います。
また、洗いすぎなど石けんの使いすぎで皮膚の表面を保護する皮脂膜を落としてしまうこともあるので、洗いすぎにも注意が必要です。冷房の影響で新陳代謝が低下し、皮脂がうまく修復できない方も多いので、石けんを使うのは1日にせいぜい1回にしましょう。

入浴後やシャワー後に濡れたままで放っておくと、皮膚の表面が乾燥してしまいますので、保湿などのケアが大事です。シッカロールなどのパウダーは、汗の出口をふさいで逆効果になる恐れがあるので要注意です。

皮膚は内臓の鏡と言われますが、肌の手入れだけでなく、規則正しい生活とバランスの良い食事を心がけることが、夏場の皮膚の健康にも大切といえるでしょう。
 

前
熱中症に注意
カテゴリートップ
次
なぜ夏バテになるのでしょう

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project