ホーム
2017年12月11日(月)11時12分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
トップ  >   >  熱中症とスポーツ

熱中症は暑い環境(気温、湿度、風、日射)で発生する障害の総称です。熱中症の中でスポーツで問題になるのは、主に熱疲労と熱射病です。

1.熱疲労

大量の汗をかき、水分の補給が間に合わないときの脱水が問題になります。症状は、だるさ、脱力感、めまい、吐き気、嘔吐、頭痛などです。涼しい場所に運び、衣服を暖めて寝かせ、水分(0.2%程度の食塩水)を飲ませれば通常は回復します。

2.熱射病

体温が異常に高くなって起こるもので、死の危険が迫った緊急状態です。体を冷やしながら、一刻も早く集中治療ができる病院へ運ぶ必要があります。高体温(40℃以上。スポーツによる熱射病ではそれほど高くなくても重症となります)、意識障害(言動がおかしい、応答が鈍いなど)が特徴です。発症から30分以内に体温を下げることができれ
ば、合併症の発生もなく救命できます。そのため現場で体を冷やすことが重要になります。全身に水をかける、濡れタオルを当ててあおぐ、頚部・脇の下、大腿の付け根を冷やす、などが効果的です。運動すると、筋肉で大量の熱が発生します。激しい運動では、安静時の10~15倍。20~30分で体温を4度上昇させる熱量に相当します。それほど高くない気温でも熱中症が発生するわけもここにあります。気温、湿度が高い場合にあ、熱の放散が制限され、なおいっそう熱が体にたまり、発症しやすくなります。

スポーツ活動時に熱中症予防には

1.環境条件を把握し、それに応じた運動、水分の補給
暑い時期の運動は涼しい時間帯に行う。激しい運動を避け、休息と水分補給を頻繁にする。体重の3%以上の水分が失われると体温調節に影響する。水分補給は運動前後の体重減少を2%以内にする

2.暑さに徐々に慣らす
急に暑くなった日、合宿の初日などに熱中症が多発している。体が暑さに慣れていないためなので、暑くなった日は運動を軽くして、徐々に慣らしていく。

3.個人の条件を考える
発熱、下痢、疲労など体調が悪いときは暑い中では無理に運動をしない。体力の低い人、肥満者は特に注意する

4.服装に気をつける
体内の熱は皮膚から放散する。その熱放散には衣服が関係するので薄着にし、吸湿性、通気性の良いものを選ぶ。暑い日には熱を逃がさないウェアが危ない

5.具合が悪くなったら早めに運動を中止する
無理は事故のもとである。暑い中ではトレーニングの質が低下し、トレーニングの効果も上がらず、消耗も激しい。
                   (参考:くらしの百科No.269)

前
なぜ夏バテになるのでしょう
カテゴリートップ
次
トマト

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project