ホーム
2017年5月01日(月)11時30分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
トップ  >  発熱・感染症  >  ノロウィルス

食中毒は夏場だけではなく、冬場でも起きています。夏の食中毒の多くは細菌によるものですが、冬の食中毒はウィルスが原因で、11月から3月にかけての食中毒様胃腸炎事例の大半がノロウィルスによって引き起こされています。
ノロウィルスは1972年にアメリカの小学校で発生した急性胃腸炎患者便から発見されたものです。
1997年5月に、食品衛生法改正で、食中毒病因物質に小型球形ウィルスが追加されました。小型球形ウィルスは、電子顕微鏡で観察したとき、小さな球形の構造をしている一群のウィルスを総称しています。
しかし、ウィルス性食中毒のほとんどはノロウィルスが原因であり、行政的に小型球形ウィルスはノロウィルス(ノーウォーク様ウィルス)を示していました。近時の遺伝子解析、学会の状況等を踏まえて、さらに2003年8月に食品衛生法の病因物質は小型球形ウィルスからノロウィルスに改めらめました。従来、食中毒事例で小型球形ウィルス、ノーウォーク様ウィルス呼ばれていたものは、ノロウィルスということになります。

【食中毒の症状と治療】

潜伏期間は24~48時間で、主症状は胃から腸へ運ぶ運動機能の低下による吐き気、感染部位の空腸上部の炎症による下痢です。発熱、頭痛など風邪様症状が見られる場合もありますが比較的軽症です。治療はこのウィルスに効力のある薬剤がないので対症療法を行います。通常は1~3日で治癒します。

【感染経路】

感染はウィルスに汚染された飲食物を口にすることや、感染者からの二次感染によって起こります。

1)中毒事例の多くは生カキなどの二枚貝ですが、このウィルスはカキ本来が持っているわけではなく、カキの体内で増殖もしません。人の糞便により汚染された海水中のウィルスがカキの内臓に濃縮・蓄積され、このように汚染されたカキ等を生で食べることにより感染します。
2)食品が糞便・吐物に汚染されたもの。
3)食中毒ではないが、患者の吐物・糞便が乾燥し、空中に漂ったものが口に入り感染する。

【感染防止・消毒】

1)二枚貝類は中心部まで85℃以上で1分以上加熱する。加熱用カキは生で食べないこと。
2)手洗いの励行。100個程度のウィルスで感染・発病し、下痢症状が消えても通常では1週間程度、長いときには1ヶ月程度ウィルスの排泄が続くことがあるので、食品を扱う前には、石けんと流水で十分に手洗いをすること。
3)吐物・糞便は乾燥しない前に処理する。これらを処理するときは、マスクとプラスチック手袋を着用する。糞便・吐物ははじめにペーパータオルでふき取り、拭き取ったペーパータオルは市販の次亜塩素酸ナトリウムを60倍程度に希釈したものに5~10分間浸す。
4)調理台・調理器具・床の消毒
  ・次亜塩素酸ナトリウム
  ・煮沸する。              (参考:日本医事新報4105)
 

カテゴリートップ
発熱・感染症
次
発熱時の注意

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project