ホーム
2017年8月17日(木)4時23分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
トップ  >  発熱・感染症  >  インフルエンザと普通風邪の違い

多くのかたは、風邪とインフルエンザを混同しているようですが、両者はまったく違う病気だと考えたほうが良いのです。

一般に風邪と呼ばれるもののうち、4分の3はウィルスが引き起こしますが、インフルエンザウィルスだけでなく、パラインフルエンザウィルス、アデノウィルス、ライノウィルスなど、多種類のウィルスが病原として挙げられます。ウィルス以外に、マイコプラズマやクラミジアも上気道に感染し、これらの病原によって起こる急性呼吸器感染症を総称して「かぜ症候群」といいます。

くしゃみ、鼻水、微熱、軽度の咽頭痛といった症状をもたらす普通感冒は、主にライノウィルスが病原であり、かぜ症候群の中では40%を占めています。一方、インフルエンザウィルスの頻度は、10~15%と見られています。

普通感冒とインフルエンザの違いは、まず、普通感冒は緩やかに発病し、軽い悪寒、鼻炎、咽頭炎が顕著、発熱はあっても37℃台、全身の疼痛はない、という症状が特徴的です。しかし、インフルエンザは急激に発病し、強い悪寒、39~40℃の高熱、関節痛、筋肉痛、強い全身の疼痛が現われるなど、普通感冒とは明確に区別される重篤な呼吸器疾患です。そして、インフルエンザウィルスは低温・低湿の環境下で最も増殖するため、冬季に流行するものの一つです。

A、B、Cの3つの型があるインフルエンザウィルスのうち、ヒトへの感染が確認されているのは、A型とB型ですが、地域的な流行にとどまるB型と違って、大流行を引き起こすA型で特に流行しているのが「H1N1ソ連型」と「H3N2香港型」です。国立感染症研究所の報告によると、1999年1月第1週から2月の初めまでA型(H3N2)の大流行があり、その後3月の半ば頃にかけてB型が小流行しました。このように、A型が流行した後、B型の流行が見られるのが、毎年のパターンとなっています。

インフルエンザウィルスは、くしゃみや咳、話をするときの飛沫によって伝播します。したがって、距離が近いほど伝播しやすく、伝播率が高いほど感染しやすくなります。そして、症状が現われる数日前から発症後5~7日間ほどは感染力を持ちます。

インフルエンザは症状が重いことに加え、注意すべきなのは合併症を起こしやすいという点です。普通感冒の合併症としては、中耳炎、副鼻腔炎がありますが、その発症頻度はそう高くはありません。しかし、インフルエンザの合併症には気管支炎、肺炎、心筋炎のほかに、熱性けいれん、脳炎、脳症、ライ症候群、といった中枢神経系の重篤な病気が含まれます。身体能力が衰えた高齢者や、母親の免疫が消失した乳幼児で合併症が起こりやすいので注意が必要です。
 

前
タイプ別風邪の予防
カテゴリートップ
発熱・感染症
次
発熱時の水分補給

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project