ホーム
2017年6月29日(木)5時49分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
トップ  >  発熱・感染症  >  発熱時の水分補給

風邪の場合の発熱は、体温の上昇により抗体反応を高めるためといわれています。しかし、上昇しすぎるとかえって抗体の産生が悪くなるため、今度は発汗によって体温を下げようとします。この発汗による体温低下は、体力の回復とも考えられますが、体の水分は減少してしまいます。

さらに風邪にかかった患者さんは食欲が減退している場合が多く、発汗による減失以前に食物からの水分接種量そのものが低下しています。また嘔吐や下痢を伴う方もあり、体全体が乾燥した状態になりがちです。

水分の不足は生体の活動全体を弱めますが、風邪にかかったときに最も大きな問題になるのが、気道粘膜の繊毛運動の低下です。繊毛は、風邪の原因となるウィルスや細菌などの進入を防いだり、体外へ排出する働きをしているため、その運動低下はそれらの感染を招く、あるいは病気を長引かせることになります。痰の粘性が増し、出しにくくなるということもあります。

気温が下がり外気が乾燥する冬は、ウィルスや細菌の活動が活発になるのに対し、気道粘膜は乾燥し機能が低下しがちです。水分の積極的な補給は繊毛運動を活発にし、感染の予防及び痰の粘性低下、痰や病原体の体外排出を促進します。嘔吐や下痢を伴う場合は、電解質の低下も考えられますので、水分と一緒に補うほうが良いでしょう。

前
インフルエンザと普通風邪の違い
カテゴリートップ
発熱・感染症
次
水痘とヘルペス

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project