ホーム
2017年5月01日(月)11時30分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
トップ  >  発熱・感染症  >  風邪治療に関するガイドライン

風邪に要注意の季節になりました。咳や鼻水など風邪の諸症状が出るとすぐに風邪薬を飲む方が多いと思いますが、風邪は薬で治すものではないという治療指針を日本呼吸学会がまとめました。風邪は急激な症状が無い場合は3、4日間は医療機関に行ったり、薬を飲んだりする必要が無く、自宅での安静を心がけることで、大抵は自然に快方に向かうものです。

日本呼吸器学会がまとめた風邪治療に関するガイドラインは次のようになっています。

1.自然に治るもので、風邪薬で治るものではない。
2.普通は3~7日で治るが、14日程度かかる場合もある。
3.ほとんどがウィルス感染でる。ただし、インフルエンザを除いて、有効な抗ウィルス薬は存在しない。
4.抗菌薬(抗生物質)は風邪に直接効くものではない。
5.抗菌薬を乱用すると、下痢やアレルギーの副作用や薬が効かない耐性菌を生み出す危険がある。
6.風邪薬は、症状の緩和が目的の対症療法にすぎない。
7.多くの風邪薬、特に総合感冒薬は、連用すると発疹や発熱、胃腸障害など副作用の危険がある。
8.発熱は体がウィルスと戦っている免疫反応で、ウィルスが増殖しにくい環境を作っている。
9.解熱・鎮痛剤は、症状が激しい場合のみ頓服として使う。アセトアミノフェンなど作用が穏やかな薬が推奨される。
10.十分な食事が摂れない時や消化性潰瘍がある人、アスピリン喘息、腎不全の人はアスピリン、イブプロフェン、ナプロキセンなどの解熱・鎮痛剤は飲んではいけない。
11.症状の持続(4日以上)や悪化が見られる時は医師の診断が必要。
12.予防にはうがい、手洗いが有効。うがいには殺菌効果がありポピドンヨード(イソジン)が望ましい。
13.発症時、とくに発熱時に最もウィルスをうつしやすい。

上記は大人を対象にしたものであり、子供は症状に変化が早く、とくに乳幼児は自分で症状を訴えられないので肺炎などの危険な症状を判断しにくいため、子供の様子によっては早めに小児科医に相談することが大切です。

日本の風邪治療には問題が指摘されてきました。医療機関を受診すると多くの場合に抗菌薬が処方され、患者側もそれに慣らされたように、抗菌薬を希望して医療機関を受診する傾向があるようです。現代では抗菌薬の乱用が耐性菌の増加を招き、院内感染にもつながっているという問題が出ています。
今回作成された治療ガイドラインは、抗菌薬の乱用に歯止めをかけることも目的とされているようです。

 (参考:読売新聞2003.11.12)
 

前
麻疹と麻疹ワクチン
カテゴリートップ
発熱・感染症
次
SARSウィルスに台所用洗剤が有効

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project