ホーム
2017年10月21日(土)10時15分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
トップ  >  発熱・感染症  >  代表的な人畜共通感染症

【日本で見られる人畜共通感染症】

1.狂犬病:最も有名な人畜共通感染症です。。世界ではいまだに毎年3万人~5万人の死者が出ていますが、日本では予防接種を徹底したため、約50年前に撲滅されました。しかし、世界から多くの動物が輸入されており、イヌ、ネコ、キツネ、アライグマなどには検疫が必要とされています。

2.オウム病:ペットのトリに口移しで餌を与えたり、食事中に周りで遊ばせたりすると感染します。風邪に似た症状で肺炎を起こすこともあります。2002年の「鳥と花の展示会」で従業員と観客の10名が感染発病し、施設が一時的に閉鎖されました。病原体はクラミジアで、オウム、インコ、ハト、ニワトリ、ブンチョウ、ジュウシマツなどが感染源となります。

3.エキノコックス症:エキノコックスという寄生虫が肝臓などに寄生して起こる病気で、キツネやイヌの糞に混じった寄生虫の卵が口に入ることにより人に感染します。日本では北海道に多く、重度の肝機能障害を起こす恐れがあります。

4.Q熱:熱性呼吸器疾患で日本では発生しないと考えられていましたが、家畜・野生動物で保有率が高いことが判明し、10年位前から患者からも病原体(リケッチアの1種)が分離されました。人が感染した場合、インフルエンザのような症状を示し、抗菌薬が有効ですが慢性化すると治療が困難となります。

5.レプトスピラ症(ワイル病):レプストピラ(スピロヘータ科)はネズミの尿中に排泄され、これに汚染された水や土壌を介して人に感染します。重症では髄膜炎症状~黄疸(ワイル病)になり、抗菌薬治療を行います。

6.日本脳炎:致死率が高く、治癒しても後遺症を残す疾患で、蚊によりウイルスが媒介されます。(蚊→ブタ→蚊→人・動物の感染サイクル)1950年代に小児を中心に年間数千人の患者が発生していましたが、現在では年間数例となっています。しかし、夏にはウイルスを保有する蚊が発生し、国内のブタの感染が多いので、流行時の「高熱、頭痛、意識障害」の徴候に注意が必要です。ワクチンが有効です。

【海外で見られる人畜共通感染症】

1.牛海綿状脳症(BSE):反芻動物(羊・牛)に由来する肉骨粉を給与された牛がBSEを発症し、その肉や臓器を食べて(変異型)クロイツフェルト・ヤコブ病(致死性認知症)を発症すると考えられています。ウィルスよりも小さいプリオン(タンパク質の一種)によるものです。日本では2000年12月以降ウシ由来の医薬品原料(グリセリン、トロンビン、漢方薬等)や製剤原料(ゼラチン、乳糖等)について原産国、使用部位が規制されています。

2.西ナイル熱:アフリカ北部のナイル川流域に多発する風土病ですが、1999年より米国で流行し、大きな社会問題になっています。日本脳炎に似た症状で、鳥と蚊がウイルスを媒介します。

3.マラリア:蚊によって媒介される流行性熱誠疾患です。熱帯・亜熱帯の約90カ国で流行し、年間罹患者数3~5億人、死亡者数は150~270万人と推定されています。日本では海外への旅行者による輸入マラリアの増加が危惧されています。

【予防対策】

1.食べ物を口写しなどで食べさせない
2.飼育環境を清潔にする
3.定期的に便の検査を心がける
4.野生動物をむやみにさわらない
5.体調がおかしいときは動物も飼い主も医師、獣医師に相談する
                          (参考:Pharmavicion Vol7)
 

前
人畜共通感染症(動物由来感染症)
カテゴリートップ
発熱・感染症

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project