ホーム
2017年5月23日(火)10時12分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
トップ  >  漢方薬  >  月経痛

月経時に起こる下腹痛や腰背痛を月経痛といい、器質的なものが原因になっている場合と、機能的なものがあります。

器質的な原因としては、子宮頸管や子宮付属器の炎症、子宮口の狭窄、子宮内膜症、子宮筋腫などがあります。この場合は、原因となっている病気の治療が先決です。

それに対して機能的な月経痛は、検査をしても臓器に器質的な異常がない場合で、ホルモンの働きや心理的な緊張、不安、ストレスなどが関係しているのではないかと考えられています。

機能的な月経痛の場合は、ホルモン療法や鎮痛剤の服用などによる治療が行われていますが、なかなか治らない場合や、逆に何も治療しないのに、成熟するに従って少しずつ軽くなったり、妊娠出産を契機にすっかり治ってしまうこともあります。

漢方では月経痛は血の鬱血(血毒)から起こるものと考えられ、血毒を取り除く作用のある処方を中心にして治療します。

実証に使われる処方には、桃核承気湯、大黄牡丹皮湯、桂枝茯苓丸などがあります。

中間証及び虚証には、加味逍遙散、当帰芍薬散などが用いられます。
 

前
更年期・血の道症
カテゴリートップ
漢方薬
次
低血圧・貧血・冷え症

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project