ホーム
2017年7月22日(土)23時40分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
トップ  >  漢方薬  >  過敏性大腸症候群

過敏性大腸症候群は、心理的なものがかなり強く影響しているとみられ、代表的な心身症の一つで、近年増加傾向にあります。

症状としては、慢性の腹痛をはじめとするさまざまな腹部症状や下痢、便秘などの便通異常を呈します。腹痛などの腹部の不快症状は、便やガスが出るとともに軽快するのが特徴です。
また、食事をすると症状が強く表れたり、女性では月経時に増強する傾向があります。

現代医学では、腸管の運動を抑える副交感神経遮断薬や精神安定剤などが主に用いられますが、良くなったように思えても、再発する場合が多いようです。

漢方薬を服用しても、根治するには時間がかかりますが、過敏性大腸症候群はもともと器質的な病気ではなく、主に心配事や精神的なストレスを背景として起こる機能異常なので、適度の休養や睡眠をとり、運動、規則正しい食事、排便習慣を心がけることが大切です。

次に主に使われる漢方処方をあげてみます。

1.桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)
体力の落ちている人で、粘液を出して渋る傾向があったり、腹痛、便秘、お腹がはるなどの症状がある場合。

2.半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)
中等度の体力で、腹鳴、下痢、吐き気などの症状がある場合。

3.安中散(アンチュウサン)
中等度及び虚証で、胃がもたれて胃痛、胸やけなどの症状がある場合。

4.桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)
虚証で、お腹がはって下痢する場合。

5.真武湯(シンブトウ)
虚証で、足が冷え、疲れやすく、血色がすぐれず、下痢をしても腹痛や渋りが少ない場合。

6.人参湯(ニンジントウ)
虚証で、胃腸が弱く、食欲がない、下痢しやすいなどの場合。

7.大建中湯(ダイケンチュウトウ)
虚証で、お腹が冷えて痛み、腸がムクムク動くのを自覚するというような症状がある場合。

前
高血圧
カテゴリートップ
漢方薬
次
めまい

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project