ホーム
2017年4月24日(月)6時38分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
トップ  >  漢方薬  >  肥満

太っている人は標準体重の人に比べて生活習慣病など、いろいろな病気にかかりやすいということは、統計にもはっきりと示されています。最近の医学では、肥満そのものを病気として扱うようになり、健康保険も適用されるようになりました。

肥満の原因はきわめて特殊な場合、例えば視床下部に腫瘍があって食欲が異常に亢進するとか、クッシング症候群、ホルモン系治療薬の使いすぎなどの場合を除いて、一般には過食が最大の要因です。その日に摂取したエネルギーがその日のエネルギー消費分よりも多い場合、残存するカロリーが肥満につながるのです。

現代医学の治療でも、減食療法が基本になりますが、漢方での治療もこの事情は変わりません。肥満を治すための食事制限には苦痛が伴い、自然に薬に過大な期待をかけることになりますが、漢方でも薬だけでは肥満は治せません。

肥満の解消を成功させるには、カロリー制限、毎日の適正な運動、体重を増やさないの3点を守るという本人の努力がキーポイントになることを理解していただいた上で、証に応じた処方を用います。

1.防風通聖散(ボウフウツウショウサン)
実証タイプ。体力があり、腹部の皮下脂肪が厚く、おへそを中心にビヤだる状に膨らんだタイプで、便秘気味、イライラ、のぼせなどがある場合に適しています。また、不眠傾向で、肩こり、鼻づまり、咳がでる、化膿しやすいなどのほか、赤ら顔で頭痛や耳鳴り、動悸がする場合にも用いて効果があります。

2.大柴胡湯(ダイサイコトウ)
実証タイプ。血色がよく、体格のがっしりしたかた太りタイプで、みぞおちのつかえや胸脇苦満が強く、口の中が粘ついたり苦かったりして、便秘、肩こりを訴えるような肥満に適しています。腹直筋が緊張して堅く、お腹が張ったり、みぞおちのあたりが痛むこともあり、ときには咳の症状がある場合にも用います。

3.桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
実証タイプ。体力があり、赤ら顔でのぼせが激しく、便秘しがちなタイプで、女性なら月経異常がある場合の肥満に用います。腹力が強く、おへその左斜め下1~2cmのところに強い圧痛があり、手足の冷えや頭痛、肩こり、耳鳴り耳鳴りなどの症状がある、動悸がするなどの人もこの処方が適しています。

4.防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)
中間証・虚証タイプ。色白で締まりがなく水太りしたタイプの肥満に用います。脈力、腹力ともに弱く、よく汗をかき、その割りには小水が少なく、疲れやすくて腰から下が重く、ひざの痛みや足のむくみがあるという場合にも効果があります。
 

前
貧血
カテゴリートップ
漢方薬
次
胃・十二指腸潰瘍

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project