ホーム
2017年4月24日(月)6時41分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
トップ  >  漢方薬  >  胃・十二指腸潰瘍

胃潰瘍と十二指腸潰瘍は、病態的に異なった点が多いのですが、漢方では両者を同一のものとして、漢方的適応症に従って処方を決めます。

この病気は、現代医学でも手術をせずに治す方法が確立しつつありますが、もともと漢方が比較的効果の出る分野に属し、手術が必要と診断された患者さんが、治癒に至った例も少なくありません。ただ、ことに胃潰瘍については、胃ガンとのかかわりも無視できませんので、ガン化の危険のないこと確認することが大事です。

現代医学の療法では、胃酸の分泌異常など、胃・十二指腸粘膜に対する攻撃因子の増強によっておこる潰瘍と、粘膜の防御力の低下によって起こる潰瘍とで、方針が全く違いますが、漢方ではこの点についても、特に区別はありません。

まれに無痛性の潰瘍もありますが、多くの場合、胃・十二指腸潰瘍では胃部にさまざまな痛みを訴えるのが普通です。この痛みを主目標に用いる漢方薬が、小建中湯、安中散です。下血し、それによって貧血の傾向が見られる場合には、十全大補湯、四君子湯などが適応となります。また、出血がひどいときには、適応症によって選んだ処方に、さ
らに止血剤として三黄瀉心湯などを合方または兼用で用いたりします。しかし、あまり吐血がひどいようであれば、やはり応急の処置を講じることが必要になります。

【実証に使われる処方】

三黄瀉心湯:サンオウシャシントウ
体力が中等度以上で、のぼせやすい、みぞおちのあたりがつかえるというような気がする、便秘、不眠の傾向、出血があるような場合

桃核承気湯:トウカクジョウキトウ
身体ががっしりとしていて、赤ら顔であぶらぎった感じがすることがあり、便秘、肩こり、のぼせ、しばしば上腹部に激痛があり、腹力が充実していて、へその斜め下に強い圧痛が認められる場合

【中間証に使われる処方】

柴胡桂枝湯:サイコケイシトウ
腹力は中程度、右にやや弱い重苦しさがあり、みぞおちに弱い抵抗、圧痛がある、左右の腹直筋が少し張っていて、すこしのぼせやすく、上半身に汗をかきやすい場合

半夏瀉心湯:ハンゲシャシントウ
体力が中等度で、みぞおちが張ったり、つかえたり、腹がゴロゴロ鳴ったり、食欲不振、下痢しやすい、ときには吐き気がある場合

【虚証に使われる処方】

安中散:アンチュウサン
体力がなく、胃のあたりが痛んだり、つかえたり、胸やけがしたり、食欲不振、疲れやすいような場合

小建中湯:ショウケンチュウトウ
顔色がすぐれない、みぞおちが痛む、動悸がしやすい、食欲不振、腹部に力がなく、左右の腹直筋が張っている場合
 

前
肥満
カテゴリートップ
漢方薬
次
肩こり・五十肩

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project