ホーム
2017年4月24日(月)6時43分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
トップ  >  漢方薬  >  肩こり・五十肩

「肩こり」という言葉には、肩が硬くなる、重だるくなる、こわばる、つっぱるなどの感じが含まれて使われています。しかも、肩だけにとどまらず、首から背中までの広い範囲に起こることが多く、後頭部の緊張や重だるさを伴うことも少なくありません。

これは重い頭を支えるために、首や肩の筋肉が緊張をしいられるからで、緊張しつづけた筋肉は血行が悪くなり、疲労物質も速やかに排出されずにたまってしまうのです。

五十肩は、40代後半から50代にかけて突然起こる原因不明の肩関節痛で、肩の運動が極端に制限されることと、肩を動かすときに強い痛みが起こるという特長があります。ひどくなると、腕の上げ下ろしができなくなったり、首が曲がらなくなったりすることもあります。

五十肩の場合は、腱、腱鞘などに変性や炎症の起こっていることが多く、夜中でも疼痛のために苦しんで眠れなくなることもあります。症状は数ヶ月ぐらいでとれる場合と、長い間炎症が続く場合とがあります。

次に肩こりや五十肩に多く使われる漢方薬を書き出してみます。

【実証に使われる処方】

1)大柴胡湯(ダイサイコトウ)
みぞおちから左右にかけて張っている人で、便秘しやすく、首の両側から肩にコリのある場合に用います。

2)葛根湯(カッコントウ)
肩こりにも五十肩にも用いられます。頭痛を伴う肩こりの場合は首の後ろから肩、背中にかけてこるときに用います。風邪のひき始めの肩こりにも有効です。

【中間症に用いられる処方】

1)桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)
おへその左下に抵抗と圧痛があり、月経異常のあるときの肩こりに有効です。

2)越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)
汗をかきやすく、多少のども渇き、尿の出方が少ない場合の五十肩で、急性期に有効です。

【虚証に用いられる処方】

1)当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
顔色が悪く手足が冷え、女性の場合は月経異常を伴うときに有効です。

2)桂枝加附子湯(ケイシカブシトウ)
ひどく汗をかきやすく、四肢のひきつれがあり、肩の痛みも強い場合に用います。尿の出が少ないとか、手足が冷えるというような症状も目標になります。
 

前
胃・十二指腸潰瘍
カテゴリートップ
漢方薬
次
夜尿症

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project