ホーム
2017年12月12日(火)15時34分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
19 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...
トップ  >  おなか(腸)のこと  >  理想的な便

便に色をつけているのは胆汁です。胆汁は肝臓で作られ、一時胆のうに ストックされて十二指腸に分泌されます。この胆汁そのものは緑色ですが便に色をつけるのは、胆汁の中のビリルビンという物質です。この物質は便の酸度によってアルカリ性なら黒ずんだ茶褐色、酸性なら黄色味を帯びたオレンジ色になります。腸内にビフィズス菌や乳酸菌など有用菌が多い場合は、腸内の環境が弱酸性に保たれますので、便の色は黄色に近い色になります。また、肉類や脂肪類を多く摂ったり、腐敗菌が多くなると環境がアルカリ性になるため、便の色が茶褐色から黒褐色になってきます。
つまり、健康のためには黄色にちかい便を維持することが重要なのです。便の臭いは、腸内の健康をはかる重要なバロメーターです。便の悪臭成分には発ガン性、有毒性のあるものが多く、健康に重要な影響を与えているのです。便やオナラが臭いときは、腸内での腐敗により有害菌が作られているときです。一方、肉食を控え、オリゴ糖や食物繊維の多い食事を摂ると、便の出が良くなり、腸内ではビフィズス菌、乳酸菌などの有用菌が多くなって、腐敗菌の増殖が妨げられます。便やオナラの臭いも、刺激臭のある悪臭から発酵性のものに変わります。つまり、発酵性の臭い(つけもの臭)が健康的な便の臭いなのです。
 

前
便の異常と良い便
カテゴリートップ
おなか(腸)のこと
次
下痢と便秘

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project