ホーム
2017年4月28日(金)19時14分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
トップ  >  おなか(腸)のこと  >  体臭と腸内細菌

体臭に悩む方が増えているという報告がありますが、それらの起因には食生活が大きく影響しているといわれています。

体臭はアポクリン汗腺からの脂肪分や、皮脂腺からの脂肪酸の分泌が原因となっていることが多いのですが、そのうち腋臭の原因となるアポクリン汗腺は遺伝的要素も強く、食事だけでの改善は難しいかもしれませんが、皮脂腺からの分泌物が原因となっている場合は食事の改善で軽減される場合も多いようです。皮脂腺は、脇の下や背中や胸の正中腺に沿った部分に多く、脂肪酸がさかんに分泌されていています。

臭いの元となる物質はは動物性タンパク質などの代謝物ですが、その代謝において、体臭が強くなるには2つの原因が考えられます。

第一の原因は、食事から摂取したタンパク質はアミノ酸として小腸で吸収され、身体各部で体タンパク質に合成されますが、一部のアミノ酸からはアミノ基をはずされ(脱アミノ化)、アンモニアが生成します。通常の健康状態では、このアンモニアは肝臓で尿素に合成され、腎臓から尿の中に排泄され体内には蓄積しません。 しかし、肝臓や腎臓の機能が低下しますと、これらのアンモニアや尿素が血中に遊離され、呼気や汗のなかに分泌されるため体臭が強くなることがあります。

第二の原因、近年増えている体臭による悩みの多くがこちらに入るようですが、摂取されたタンパク質は大腸内で細菌による腐敗でアミノ基がはずされ、アンモニアや硫化水素、メチルメルカプタン、アミン類、インドール、スカトールなどの臭い物質が生成します。悪玉菌のウェルシュ菌や大腸菌に分解されると、アンモニア、アミン等の腐敗物が作り出され、体臭や各種疾患の原因となります。

上記の原因を考えますと、食生活で臭いの元となる動物性タンパク質や脂肪(肉類など)を控え、腸内の善玉菌を増やすことが第一であり、次には食物繊維を多く摂取して臭いの元となる物質を排出することも大事だといえます。

ビフィズス菌などの善玉菌の増殖は悪玉菌の働きを抑制する役目を果たします。
善玉菌であるビフィズス菌を含有する食品や飲料は多くありますが、ビフィズス菌は酸に弱く、胃酸で壊れて(酸に強く作られたものもありますが)しまいますし、元来その人が持っているビフィズス菌の型が一番定着しやすいということもあるので、ビフィズス菌を増やすには、エサであるオリゴ糖を摂る方法がより効果的です。

食物繊維は、便の最大構成要素であり臭い物質を能動的に取り込み体外に排出してくれます。 さらに、腸内ではタンパク質の腐敗を予防するビフィズス菌などの善玉菌の餌になるため、結果的には大腸内での臭い物質産生が抑制されるのです。食物繊維は、ゴボウやイモ類、こんにゃくなどに多く含まれていますので、それらを適度に摂取しましょう。

また人間は、通常体内の「クエン酸回路」というシステムでエネルギーを生み出しているのですが、末梢血管の循環が悪くなって酸欠になったり、食事のバランスが崩れたり、ストレスが重なってくると、クエン酸回路ではなく、糖を消費する解糖系が働き、汗の中に乳酸が増え、アンモニア臭の原因になってしまいます。

以上より、臭いを発生させないようにするには、善玉菌を増やすことや肉類を減らすなどの食生活改善とともに、ストレスをためない、精神的に落ち込まないなどの精神面でのバランスも大切だということがいえるでしょう。
 

前
腸内の悪玉菌について
カテゴリートップ
おなか(腸)のこと
次
オリゴ糖

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project