ホーム
2017年4月28日(金)19時13分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
トップ  >  おなか(腸)のこと  >  腸内細菌叢と免疫力

風邪をひきやすい人とひかない人の差は生体防御反応の働きの撃退違いによるものと言われています。それは、侵入してくる病原体を撃退し、体内に発生する変異物質や老廃物を排除する免疫系の実力に差に由来するものです。身体の免疫力が落ちると、下痢しやすくなったり、歯周病を起こしやすかったり、腫れ物、果てはガンになりやすいともいわれています。

いろいろある免疫系でも、日ごろの食生活が影響し、自分でも強化することが可能な腸管免疫の働きが近年注目を集めています。口から入った病原体の大部分は唾液や胃液、胆汁などで殺されます。それらをくぐりぬけ、腸に到達すると腸壁から侵入を図ろうとするのですが、それを迎え撃つのが腸内細菌叢(腸内フローラ)の中に善玉菌です。善玉菌の乳酸菌やビフィズス菌がたくさんいれば、免疫力が高まっている状態で、病原菌は悪さを発揮できずに排除されます。反対に悪玉菌が多いときには、病原菌に感染するだけでなく、腐敗物が多く生成されて有害物質を出したり、食中毒を起こしたり、体臭をきつくしたりします。

このような腸内細菌は百種類以上百兆個も住んでいるといわれています。それらは腸内細菌叢(腸内フローラ)と呼ばれ、同じ種類の細菌同士が群生しています。善玉菌が優性のフローラであれば、健康が維持され、悪玉菌が優勢の時には体調が悪くなります。

身体の防御機構である腸内細菌叢は個人差が大きく、加齢や食事、ストレス、薬(抗生物質)の服用などで絶えず変化します。口から入る食物で善玉菌が最も多いのがヨーグルトで、生菌整腸剤よりも百倍も菌数が多いとされていますが、有用菌がどれだけ胃腸などの関門を通り抜けて、生きて腸まで行きつくかは疑問が多いようです。
そのため、私は腸内の善玉菌だけのエサになって善玉菌を増やすオリゴ糖の摂取をおすすめしています。特に今の時期、インフルエンザの予防接種を受けられた方でも、ご自身の免疫力が低下した状態では、せっかくの予防接種による免疫が生かされないで、インフルエンザに感染する恐れもあります。予防接種による免疫効果の効率よい上昇を求めるためにも、腸内細菌叢の大切さをご理解いただきたいと思います。特に年末年始は身体や消化管にも疲労が出る時期でもあり、それが免疫力低下につながらないようにするためにも、日ごろからお気をつけいただくことをお願いしたいと思います。

 

前
オリゴ糖
カテゴリートップ
おなか(腸)のこと
次
唾液と腸の免疫力

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project