ホーム
2017年8月18日(金)19時50分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
トップ  >  おなか(腸)のこと  >  唾液と腸の免疫力

私たちの体の中で、腸の異常が顕著に現れるのが口腔粘膜です。腸の働きが悪くなったり、腸の粘膜に異常が起こったりすると、唾液の分泌が低下し、口腔が乾燥します。

その機序は、人間の進化の過程をたどると理解することができます。人間の祖先はホヤといわれています。ホヤは入水口と出水口と呼ばれる穴があり、入水口から海水を吸い込み、プランクトンをこし取り食べて、出水口から排泄していくことで、ホヤは生きています。人間の口はこのホヤの入水口が、腸は出水口が伸びて作られました。そして、その途中に食物の刺激を和らげるための食道ができ、消化液を分泌する胃、肝臓、すい臓ができて、消化管が完成したのです。すなわち、口と腸はもともと一つの組織であったため、腸に異常が起こると口腔にも異常が起きるのです。反対に考えると、腸の異常は、口の異常によって導かれているともいえるのです。

消化管の入り口に相当する口腔、および出口に相当する腸は、ともに病気から体を守る、免疫機能に大きき作用する器官でもあります。口腔には舌、扁桃という完全な免疫器官が存在します。唾液は口の中をうるおわせ、口腔の免疫機能を保護すると同時に、食べ物を分解する最初の消化液としての役目も担っています。そのため、唾液が出ないと腸の負担が増し、その結果、腸の免疫力も低下して、腸をはじめとする全身の健康状態に悪影響を及ぼすのです。

唾液はよく噛むことで分泌が促されますが、かみ合わせが悪いと、あごもしっかり動かせないため、唾液が十分に出ないことになります。かみ合わせにはクセが出ていることが多いですから、左右両側を使って噛み、食事をすることが大切です。加えて、梅干やレモンなど、酸っぱいものを1日数回しゃぶることも、唾液の分泌を促し、腸の機能を高める方法です。梅干やレモンを口に入れると唾液が出るのは、体が酸味をイヤなものと感知し、排泄を促す副交感神経の働きが反射的に高まるためです。この副交感神経は腸を動かす神経でもあるため、酸っぱいものを口に入れて副交感神経を刺激すると、唾液の分泌に連動して腸も動き始めます。便秘体質の方では、酸味のものを上手に利用し、正しい咀嚼習慣を身につけることで、腸の機能が整って便秘の解消につながります。
 

前
腸内細菌叢と免疫力
カテゴリートップ
おなか(腸)のこと

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project