ホーム
2017年8月21日(月)17時12分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
トップ  >  アレルギー  >  花粉症の原因

皆さんは、杉花粉症がいつごろからから起こるようになったか ご存じですか。記録では、1964年日光市での報告が最初で、当時はわずかだったそうです。杉は何千年も前からあったのですから私たちの体質が変わったとしか考えられません。

また、花粉症は、低開発国にはほとんど見られないことから、文明病と言えるのかもしれません。

ある例があります。商社マンで、花粉症に悩んでいた男性がアフリカに赴任し、現地の低カロリー食になじんだら、花粉症が治ってしまったそうです。そして、3年後に帰国して2ヵ月もしないうちに再発し、低カロリー食にもどしたら治まった、ということです。

また、花粉症は、排気ガスが多く、窒素化合物で汚染されている地域に多いという報告があります。

結論としては、花粉症は日本人の食生活の変化と大気汚染が根本的な原因と考えられますが、体質的に考えますと、食生活が春先のホルモン代謝の変化とあわさり、花粉と排気ガスが引き金になって発病するといえるのではないでしょうか。
 

カテゴリートップ
アレルギー
次
ストレスとアレルギー

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project