ホーム
2017年10月21日(土)10時11分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
トップ  >  アレルギー  >  アトピー性白内障

白内障は水晶体に濁りが生じ、視力障害をきたす病気です。加齢に伴う老人性白内障が大多数を占めますが、先天性もあれば外傷性・薬剤性、あるいは糖尿病など他の病気に合併して起こる場合もあります。最近、注目されているのがアトピー性皮膚炎の患者さんの増加に伴って漸増傾向がみられるアトピー性白内障です。このアトピー性白内障は、アトピー性皮膚炎の症状が顔面に出た人の約3割を占めるほど高い比率で起こっているという報告もあります。

白内障の自覚症状は視力障害やまぶしさなどで、水晶体の濁る部分によりますが、一般的に視界が白っぽくなって霧の中にいるように感じたり、強い日差しの下ではまぶしさをより強く感じ、薄暗いほうが良く見えるといわれます。また、老人性白内障で最も多い皮質白内障は水晶体周辺部から濁るため症状が出にくいのですが、症例によっては暗いほうが見えにくいこともあります。アトピー性のものは中心部が星やヒトデ状に濁り、早くから視力障害が現れるのも特徴とされています。濁りを生じる原因は、老人性では水晶体を構成している蛋白質が加齢に伴って変性するためと考えられています。アトピー性では機械的的刺激、薬の副作用、アレルギー反応等、様々な仮説があります。

アトピー性白内障に至る過程は次のように推測されています。かゆみのために目を叩いて衝撃が加わる一瞬、水晶体は眼球の奥のほうに押され、眼球は極端にいえば奥からも押し潰され、上下に直径が伸びた形になります。その際、弾力性がある毛様体がひっぱられることになり、また本来はぴったりくっついている硝子体と網膜の間にずれが生じたりします。こういう刺激が慢性的に加わりますと、と、水晶体は微小な外傷を重ね、やがて濁りを生じるまでになります。毛様体や網膜も微小な傷を受け続けた結果、その一部に裂孔を生じやすくなり、網膜にできた裂孔は網膜剥離に進んでいきます。

【治療】

アトピー性白内障は、問診、目の状態や顔面の皮膚炎の有無等から診断できますが、大切なのは網膜や毛様体の異常をいかに早く正確につかむかです。毛様体や網膜の異常のうち裂孔は比較的早い段階から現れ、これは眼底検査で把握できます。しかし、異常の発生部位によっては眼底検査の死角となり、手術の際にしか発見できないので、時間をかけて詳しい検査が必要になります。いったん濁った水晶体は薬物などでは治せず、現状では手術以外に有効な治療法はありません。最近の白内障手術は、濁った水晶体の中身を超音波で砕いて摘出し、後に眼内レンズを入れます。眼内レンズはある範囲にしか焦点が合わないため術後は老眼と同じような状態になり、中高生から20代の社会的活動が盛んな若者にとっては不自由な生活をきたすようになります。

アトピー性皮膚炎が顔面に出る患者さんでは、自覚症状がなくても定期的に眼科の専門医を受診なさることをお勧めしたいと思います。
   (参考:病院最前線ガイド2002)

前
花粉症に用いる薬の注意
カテゴリートップ
アレルギー
次
鼻アレルギーの診断と分類

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project