ホーム
2017年5月01日(月)11時27分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
トップ  >  アレルギー  >  アトピー性皮膚炎と皮膚のバリア機能

免疫システムの不全によって現れるアレルギー症状は、呼吸器官が弱い人はアレルギー性喘息に、皮膚が弱い人はアトピー性皮膚炎という具合に、体の敏感な部位に現れることが多いです。

アトピー性皮膚炎の最大の特徴は、絶え間ないかゆみです。あまりのかゆさに肌をかきむしり、それによって炎症が増悪することも少なくありません。また、炎症やかゆみによるストレスも症状の悪化を促します。アトピー性皮膚炎の人にとっては、夏の汗や冬の乾燥などの刺激が、大きな影響となって現れてしまうの免疫システムの不全によって現れるアレルギー症状は、呼吸器官が弱い人はアレルギー性喘息に、皮膚が弱い人はアトピー性皮膚炎という具合に、体の敏感な部位に現れることが多いです。

アトピー性皮膚炎は、皮膚の構造の欠損によって皮膚が適当な水分を保つことができず、体を守るバリアとしての役目を果たせなくなってしまうことから起こる症状です。このアトピー性皮膚炎が、アレルギーのどんな特徴から起きるのかを知るには、複雑な免疫システムだけではなく、皮膚の構造の関与を知ることが大切です。

全身の肌は角質層という膜によって覆われています。角質層は皮脂の下にある細胞間脂質(セラミド)と、角質細胞に包まれた天然保湿成分でできています。このような成分からなる角質層が、体内の75%に相当する水分の蒸発を防ぎ、体内に紫外線や雑菌が侵入するのを防ぐバリアの役目をしています。しかし一度アレルギー反応が起こると、皮膚のバリアを担当していたセラミドや天然保湿成分がより減少し、角質層の持つ水分の蒸発を防ぐ機能が低下してしまいます。バリアを担当していた成分が減少するということは、雑菌や蒸発に弱い肌になってしまうということです。セラミドや天然保湿成分が少なくなると、バリア機能だけではなく、皮膚の細胞を回復させる能力も低下して、一度ひっかいた部分がなかなか回復しなくなってしまいます。アトピー性皮膚炎のこうした悪循環を絶つには、保湿などで皮膚のバリア機能をバックアップすることが大切です。
        (参考:実用百科治らないアトピーにもシジュウムがある)

前
花粉症と目アレルギー
カテゴリートップ
アレルギー
次
アレルギーと抗体

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project