ホーム
2017年12月11日(月)11時11分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
トップ  >  アレルギー  >  乳幼児の食物アレルギー

乳幼児に発症する湿疹の多くは食物アレルギーによるものと言われて います。
食物アレルギーの原因の代表的なものに、卵、牛乳、大豆があります。これを三大アレルゲンといいます。特に乳幼児では、卵が最も原因になりやすく、大豆では、ほかの食物アレルギーを合併していることが多いようです。

食物アレルギーが起きる原因は、アレルゲンが身体に侵入してきた時に、アレルギーを引き起こす抗体(IgE)が作られやすい状態にあるためと言われています。親にアレルギー体質がある時、子にもこの体質が引き継がれやすく、同じ食物を繰り返し摂っていると、食物アレルギーになりやすいのです。また、一度食物アレルギーが成立しますと、他のアレルゲンが吸収されやすくなり、次々とアレルギーを引き起こしやすい状態になります。

食物アレルギーで初めに起きる症状として、乳児期の湿疹、繰り返す嘔吐や下痢、風邪をひくとゼイゼイいいやすいなどがあります。食物アレルギーがあるかどうかを見つけ、原因物質を特定するには、医師の診断が必要です。それは簡単ではありません。食物アレルギーの治療は、原因物質を除去することが基本です。除去食は、最初厳密な除去から始めて、医師の指示に従って徐々にゆるめる方法がとられます。

最近の食物アレルギーの増加は、農薬や食品添加物だけでなく、大気汚染や環境ホルモンも関係していると言われています。これは現代社会のゆがみであり、根本的な対策が望まれるところです。
 

前
花粉症情報サイト
カテゴリートップ
アレルギー
次
ストレスとアレルギー

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project