ホーム
2017年5月01日(月)11時29分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
トップ  >  アレルギー  >  アトピー性皮膚炎に伴うカポジ水痘様発疹

単純ヘルペスウィルスは身体のいろいろなところから分離され、様々な感染症を起こしますが、皮膚科領域で最近、注目されているのが増加傾向にあるアトピー性皮膚炎に合併するカポジ水痘様発疹症です。

【単純ヘルペスウィルスのメカニズム】

単純ヘルペスウィルス(HSV)は身体のいろいろなところから分離されます。AJ.Namiasという研究者によると、HSVには1型と2型があり、唇や上半身、下半身の皮膚、性器だけでなく眼や脳などからも分離されていると報告されています。

また、HSV1型は上半身に、HVS2型は下半身に分布していることがわかっていますが、この理由はまだよくは解明されていません。HSVが潜伏感染している全身の神経節には1型と2型は同じように潜伏感染していることが認められていることから、おそらく再活性化するときに、上半身では1型が、下半身では2型が再活性化するようなメカニズムができあがっているのではないかと考えられています。

【アトピー性皮膚炎に合併するカポジ水痘様発疹症】

皮膚疾患は患者さんに精神的な苦痛を強いることが少なくありません。アトピー性皮膚炎もその一つですが、アトピー性皮膚炎の診療上、しばしば問題になることの一つに細菌やウィルス感染症の合併と、その重症化があげられます。

アトピー性皮膚炎があってHSV感染が起こると、その臨床症状は重症化しカポジ水痘様発疹症を発症することが多いといわれています。この原因ウィルスのほとんどはHSV1型で、その臨床症状は発熱、倦怠感などの全身症状を伴って顔面、頚部を中心に小水疱が多発、拡大していきます。

兵庫県皮膚科医会のデータによると、カポジ水痘様発疹症は増加傾向にあり、年齢分布をみると、20歳代にピークが認められます。その理由としては、成人のアトピー性皮膚炎患者の増加とHSVに対する抗体保有率が低下していることが考えられます。

また、アトピー性皮膚炎患者に細菌やウィルス感染が起こりやすく、重症化しやすい背景には表皮の細菌、ウィルスに対するバリア機能の低下が関係していると考えられています。

アトピー性皮膚炎の炎症症状とくに顔面の炎症症状を改善する目的で、免疫抑制薬の外用剤プロトピック軟膏が開発され臨床的にも効果を上げていますが、長期にわたってこの薬剤を使ったときには皮膚局所の免疫抑制にともなうカポジ水痘様発疹症の出現が懸念されています。

【治療】

アトピー性皮膚炎にカポジ水痘様発疹症が合併したときには、抗ウィルス薬の内服でHSVの増殖を抑える治療が中心になります。このときのアトピー性皮膚炎の治療はステロイドの外用は控え、非ステロイドの消炎鎮痛剤(外用)を用いて対処します。最近は、カポジ水痘様発疹症の重症例が少なくなりましたが、アトピー性皮膚炎の悪化と思って抗ウィルス薬の使用時期が遅れるケースがないとはいえません。たとえばステロイド外用剤を使っているにもかかわらず症状が悪化するような場合には、カポジ水痘様発疹症を疑う1つの根拠となるので、皮膚科医の専門的な診断を仰ぐことが大切です。

【再発予防その他の注意】

皮膚についた汚れや汗を洗い落とすためには入浴が大切で、入浴により皮膚の細菌群の80%が減少するといわれています。できたら1日2回くらい入浴しましょう。ただし、お湯が熱すぎたりシャワーの水圧が高すぎたりすると皮膚刺激となることがあります。一般に汚れを落とすには石鹸でよく洗うのが良いとされていますが、石鹸には多種の添加物が含まれている場合も多く、アトピー性皮膚炎を悪化させる要因になることもあります。使う場合には、できるだけ刺激の少ないものを少量使いタオル垢すりなどで皮膚をこすらないようにしましょう。

またシャンプーには大量の界面活性剤、起泡剤、香料、色素などが含まれており、強い皮膚刺激作用があります。ベビーシャンプーや植物性シャンプーなども例外ではありません。できるだけ化学物質の少ないシャンプーを選び、すすぎを十分することが大切です。

入浴後は乾燥するので、体質に合った保湿剤を塗布し、炎症部には適切な抗炎症剤を塗布します。また肌着は吸湿性のある木綿を用い、洗濯の際にも十分すすいで洗剤がのこらないようにすることが大切です。
                  (参考:NIKKEI Drug Infomation)
 

前
乾燥肌と乾燥性皮膚炎
カテゴリートップ
アレルギー
次
免疫システムとアレルギー

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project