ホーム
2017年8月21日(月)17時09分ホーム
メニュー
漢方薬その他の情報
漢方薬
自律神経
おなか(腸)のこと
鍼と灸
アレルギー
子供
発熱・感染症
病気・養生・その他
漢方薬その他の情報
オンライン状況
15 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 漢方薬・自律神経・その他の情報 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...
トップ  >  アレルギー  >  免疫システムとアレルギー

免疫システムがちょっとした原因で暴走を開始し、アレルギー反応を起こしてしまうプロセスについて書いてみましょう。

抗原の侵入は通常の反応と同じで、抗原が体内に侵入し、それを迎え撃つためにシステムが発動します。ただ問題なのは、この抗原が通常の場合と違ってダニやネコの毛、花粉などで、直接的に体に大きな害を及ぼすとは考え難いものにでも、過敏になったシステムは徐々に混乱しはじめてしまいます。

マクロファージはいつものようにこれらを食べますが、それだけでは終わりにせず、その情報をTh 細胞に送り始めます。次に報告を受けたTh 細胞が、B細胞に抗体を作るように指示を出します。しかし、このとき出されるのは、IgE という種類の抗体を作れという指示です。このIgE という抗体は、IgM 、IgG とは全く異なった種類の抗体で、アレルギーを引き起こす主犯格ともいえる物質なのです。IgE は抗原と戦わずに、鼻や皮膚の粘膜、気道に近いところにあるマスト細胞のもとに向かいます。そして、マスト細胞の表面にぴったりとくっついてしまいます。このままでは何も起こりませんが、やがて同じ種類の抗原が侵入してくると、事態が一変します。抗原はマスト細胞の表面にあるIgE に絡まり、その場で抗原抗体反応が発生します。驚いたマスト細胞は、細胞内のヒスタミン、ロイコトリエンといった化学伝達物質を吐き出し始めます。これがアレルギー反応の始まりです。これらの物質はマスト細胞周辺の粘膜や気道に無用な攻撃を仕掛けて炎症を起こします。また血管の壁を広げてしまう働きもあるので、そこから滲み出した血漿の影響で、粘膜が腫れたり湿疹ができたりします。

こうして引き起こされるのが、種々のアレルギー疾患です。また混乱に乗じて、白血球中にある好酸球という物質も刺激物を放出します。これが遅延性の喘息、アトピー性皮膚炎の慢性化を引き起こしている原因だと
考えられています。(参考:実用百科治らないアトピーにもシジュウムがある)
 

前
アトピー性皮膚炎に伴うカポジ水痘様発疹
カテゴリートップ
アレルギー
次
蕁麻疹の特徴

メインメニュー
サイト内検索
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project