ホーム
2018年7月21日(土)3時28分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
1 / 73212345...102030...最後 »

2018年7月20日(金曜日)

厳しい暑さ続く

先日インゲン豆というタイトルの投稿をしましたが、その場所では更に葉が落ちて↓のように向こう側が完全に透けて見えるようになっていました。

2018/ 7/19 4:38

 

↑の写真の真ん中辺りに垂れ下がっているのが、インゲン豆ですね

 

インゲン豆不作の原因は猛暑だろうと私は勝手に推測していますが、この厳しい暑さは植物だけではなく体の弱い人や高齢者にとっては命に係わると言っても過言ではないと思います。

 

実は私事ですが、先日のインゲン豆の投稿をした前日辺りから体調を崩していました。

幸い早めに漢方薬や鍼灸で対応したため軽症で止まって回復しましたが、対処が遅れていたら大事になっていたかもしれません。

脱水を伴った夏バテだと自分では思い、症状に合った漢方薬の服用とお灸、そして手作りの経口補水液で対処したところ、2日間でほぼ回復しました。

この体験で、脱水は急に生じるが対応が適切であれば回復も早いことを実感しました。

念のために受診したところ、脱水を伴った夏バテという私の想定が当たっていました

 

厳しい暑さは少なくとも今月いっぱい続くようです。

できるだけ暑さを避けて きょうも40℃に迫る気温 熱中症に厳重警戒

 

皆さまもご自身の体力を過信なさらず、くれぐれもお気を付けください。

 

2018年7月19日(木曜日)

予防接種の副反応

全くの偶然で、次のファイルに行きつきました。

予防接種の副反応と有害事象

 

日本小児科学会が作ったファイルですし、自分には関係がないとお思いの方も多いと思いますが、大人の接種もあるインフルエンザや女性に関係のあるヒトパピローマウィルスなどの有害事象も掲載されていますので、できれば一読をお願いしたいと思います。

 

予防接種に関しては私が子供の頃に義務規定だったものが努力義務になり、現在に至っています。

そのことについては、東京都福祉保健局のサイトにわかりやすい説明がありました。

予防接種制度について

 

予防接種の中で、ヒトパピローマウィルスの予防接種は現時点では積極的接種勧奨が中止されています。

ヒトパピローマウイルスについては、次のページにわかりやすい説明がありました。

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がんなど)

 

予防接種に関しては様々な見解がありますから、接種を迷う方も多くいらっしゃると思いますので、上記ページなども参考になさっていただければと思います。

 

2018年7月18日(水曜日)

そうめんの盛り付け方

毎日暑いですね。

年々暑さが厳しくなり、それと反比例して年齢が増えていくことと、胃腸が弱くて水分摂取が難しい私は、いかにして今年の夏を乗り切ろうかを思案の日々です。

 

そのような状況で、がんばって乗り切ろうとしても体が思うようにならず、少々夏バテ気味になってきました。

今以上痩せられないと思いつつ、食事もさっぱりしたものしか喉を通らなくなっています。

 

昨日も急にところてんが食べたくなって購入して食べたのですが、漬け汁の味が全く好みではなかったため、ガッカリの結果でした

 

タイトルに戻りますが、暑くなるとそうめんがおいしいですよね。

私の実家では、母が必ず氷を入れた容器にそうめんを盛り付けていたのですが、実は私はその食べ方が好きではありませんでした。

 

嫁いだ今の家では、氷を使わず盛り付けます。

私はこの食べ方の方が好きです。

 

なぜそうめんのことを投稿したかと言いますと、昨日次の記事を読んだためです。

そうめんは「氷水」に入れちゃダメ! 専門家が語る「正しい食べ方」とは

 

上記事に書かれていますが、盛り付けの違いは地域差ではなく家庭差だそうです。

食べ方としては、しっかり水を切ってザルに乗せて食べるのがベストと書かれていました。

 

ということは、流しそうめんは

まあ、流しそうめんはそうめん自体のおいしさよりも、涼し気な雰囲気を重要視していると言えるのかもしれませんね

 

2018年7月17日(火曜日)

インゲン豆

私が毎朝ウォーキングしていることを何度か投稿していますが、ウォーキングルートも何回か変更し、今は以前のルートに戻っているので、謎の公園シリーズの場所も通ります

 

その場所の道路との境に今年はインゲン豆らしき植物が植えられて、私は成長を楽しみにしながら毎朝通っていたのですが、1週間前くらいから黄色く変色した葉が目立つようになりました。

 

↓は昨日写したものですが、インゲン豆らしきものがいくつかぶら下がっているものの、実りが良いとは言えない状態です。

2018/ 7/16 5:36

 

実りを楽しみにしていた私は、毎朝通る度に寂しくなっています。

畑の持ち主さんがお気の毒ですが、この場所は柵の意味もあるようですから、実りはあまり期待していなかったのかもしれないとも思っています

 

数年前は朝顔が生い茂って、十分に柵の役目を果たしていました。

今年の不作は、梅雨明けが早すぎて暑くなるのが早かったからでしょうか

 

2018年7月16日(月曜日)

図書館での自習

すでに夏休みの学校もあるでしょうか。

また、夏休みが待ち遠しい学生さんも多くいらっしゃるのではと思います。

 

私が何十年も前の学生のころ、夏休みには何日か図書館に通って調べ物をしたり自習したりした記憶がありますが、昨日、偶然に次の記事を読み、自習禁止の図書館が多いことを知りました。

図書館での自習「禁止する側」の理由 大正時代から議論の的だった

 

私が知っている図書館、それは学生時代に行ったことのある図書館や嫁いでからの地域の図書館ですが、自習用のブースがあったため、図書館での自習は当たり前のことだと思っていました。

そのため、と思いながら記事を読んだところ、次のように書かれていました。

東京都立図書館はホームページに「資料を持ち込んでの、席のみの利用はご遠慮ください」と掲げています(東京都立図書館ホームページ「利用案内Q&A」)。職員は「自分で持ち込んだ教科書や参考書だけで自習していると分かれば、ここは自習室ではありませんとご案内しています」。

広島市では、自習室がある中央図書館を除いて、市立図書館12館で自習を禁じています。中央図書館の福島達徳・副館長は「自習される方は、半日とか一日中とか滞在時間が長い。面積には限りがあります」と理由を説明します。

 

上記の自習を禁止する理由ですが、言われてみると何となく理解できます

私が住む地域の一番大きな図書館は武蔵小杉駅近くにあり(、何度か行ったことがありますが、自習席に空きがあったことはありません。

それを思うと、上記理由には納得せざるを得ないところです。

 

ちなみに、私が住む地域の一番大きな図書館は中原図書館です。

中原図書館のことは、ブログにも投稿したことがありました。

中原図書館

 

中原図書館は武蔵小杉駅前のビルの5・6階に開館しており、wikipediaには2013年3月31日時点の蔵書が319,361冊とありました。

蔵書数は他の図書館と比べてどうなのかが良くわかりませんが、神奈川県の図書館の蔵書数ランキングにも上位に入っていますので、少なくはないのだと思いました

 

私は中原図書館の図書カードも持っているのですが今年は一度だけしか行っていないことを思い出し、久しぶりに行ってみたくなりました

 

1 / 73212345...102030...最後 »

カレンダー
2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
メインメニュー
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project