ホーム
2018年10月23日(火)22時59分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
22 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 22

もっと...
  投稿者 ‘shinjou’ のアーカイブ

2018年10月23日(火曜日)

ビットコイン要求の詐欺メール

昨日、次の文面のメールがWEB上の迷惑メールフォルダに入っていました。

こんにちは!

私のニックネームはjustis47です。
私は半年以上前にこのメールボックスをハッキングしました (あなたはこの手紙をあなたから受け取った),
私が作成したウイルス(トロイの木馬)をあなたのオペレーティングシステムに感染させ、あなたを長い間監視してきました。

その後もパスワードを変更したとしても、それは問題ではありません。私のウイルスはあなたのコンピュータ上のすべてのキャッシングデータを傍受しました
私のために自動的にアクセスを保存しました。

私はすべてのあなたのアカウント、ソーシャルネットワーク、電子メール、ブラウジング履歴にアクセスできます。
したがって、私はすべてのあなたの連絡先、あなたのコンピュータからのファイル、写真、ビデオのデータを持っています。

私はあなたが時折訪れる親密なコンテンツサイトに最も襲われました。
あなたは非常に野生の想像力を持っている、私はあなたに言う!

あなたの喜びと娯楽の間、私はあなたのデバイスのカメラを通して、あなたが見ているものと同期してスクリーンショットを撮りました。
何てことだ! あなたはとても面白くて揺らめいています!

私はあなたの連絡先のすべてがこれらのスクリーンショットを取得するのを望まないと思いますよね?
もしあなたが同じ意見を持っていれば、私は500ドルが私が作った汚れを破壊するのにかなり公正な価格だと思います。

指定された金額を私のBTCウォレット(Bitcoin)に送ってください: 1G93wR2LDzd2euJ92ePbMGzZ2zpyDRWU4G
上記の金額を受け取るとすぐに、私はデータが削除されることを保証します、私はそれを必要としません。

そうしないと、これらのファイルとサイト訪問の履歴があなたのデバイスからすべての連絡先に送信されます。
私はすべてのあなたの電子メールの対応を保存しました! これはあなたの連絡先にも送信されます!

あなたがそれを読むとすぐに – 私はそれについて知るでしょう!
あなたは50時間持っています!

私はあなたのことを覗き込む多くの仕事をしてきました! あなたはセキュリティを見ない!
実績のあるリソースだけに行き、どこにでもパスワードを入力しないでください!
さようなら!

 

明らかに詐欺だとわかるメールですが、ネット検索したところ、全く同じ内容のメールを受け取った人が何人もいることから、最近横行しているメールかと察しています。

gray30から届いたビットコインを要求する迷惑メール

「AVアラート」「私はあなたのアカウントをハックしている」「私は国際的なハッカーグループの一員です。」 ビットコイン脅迫系スパムに注意

 

まさか送金した人はいないだろうと思っていたところ、上記の後者のページに次の記載が

まさか送金してる人はいないよね?と思いながら、BLOCKCHAIN.comで確認してみたところ・・・

なんと2つ合わせて50万円近く送金されていました。恐らくもっと多くのウォレットを使っているでしょうから、総額だとかなりの被害額になってそうです。

 

ちなみに、次のページも見つけました。

Recently Reported Addresses(Bitcoin Abuse Database Index)

 

皆さま、くれぐれも送金などなさいませんように。

 

2018年10月22日(月曜日)

docomoのカード携帯

私は今でもガラケーを使っています。

ほぼ1日中パソコンの前に座っていますし、めったに遠出もしないため、ガラケーで十分なのです。

 

他にスマホにしない理由として大きいのは料金ですが、10年以上前に使用していたW-ZERO3の時は常時接続ではなかったため通信料金も安かったのに比べ、無駄に常時接続となっている今時のスマホは私のようなあまのじゃくな者にとっては使い勝手が良くないのです

そして、スマホが画面の拡大とともに本体が大きくなっていることも、私のように小柄で手が小さい者にとっては使いたくない理由の一つとなっています。

 

ただ、私は手の関節を傷めているため、普通のガラケーのようにメールの際に文字盤を連打するような機種は使えません。

その理由もあって今のN-05Cを使い続けているのですが、タッチ操作で使用できるガラケーの後継が出ないため、今のN-05Cが壊れたらスマホを使うしかないかとは思っています。

 

そのような状況なので、新発売されるdocomoのカード携帯が気になってネット検索してみました。

約47gで電子ペーパー搭載 世界最薄・最軽量のドコモ「カードケータイ」

 

動画も見つけました。

 

上記事から、カード携帯は電話やメール機能があることはわかりました。

当然と言えば当然ですが、カメラ機能は無いですね。

大きさは小さくて軽量で、申し分ないのですが

 

いろいろ調べた結果、機能的に考えるとカード携帯は利用しないと思いますが、やはり気になることは確かなので、店頭に実機が出た際にはぜひ使い勝手を体験したいと思います

 

2018年10月21日(日曜日)

ストレスと青空

一昨日、仕事上でトラブルがありました。

 

トラブルは無いことが望ましいですが、仕事上のトラブルは1年に必ず何回か起こります。

そのような際の対応の重要性を常々感じているため、昨日は問い合わせの度に最初から経過を説明しなければらならなかったトラブル元の対応の悪さには腹立たしさを超えてしまいました。

 

「問い合わせの度」に変わる担当者がトラブルの経緯を記録していなかったために、私は電話する度に最初から経緯を説明しなければならなかったのです。

結局一昨日中にはトラブルの原因がわからず、気持ちがモヤモヤしたまま就寝したのですが、それが自律神経に影響したのか、夜中に何度も目が覚めてしまいました。

 

そのような状態だったため昨日は目覚めが悪かったのですが、窓から見た空が明るかったので屋上に出てみました。

その時の空が↓です。

2018/10/20 6:23

 

↑より前のウォーキング時には小雨交じりだったのですが、空の様子から天気が回復するだろうと察せられて、それまでの胸の痞えが軽減しました。

そして、「気分を転換して今日も頑張ろう」と思ったのでした

 

2018年10月20日(土曜日)

除光液で乳児が中毒

昨日、次の記事が目に留まりました。

マニキュア落とし 換気十分に

 

上記事はYomoDr.に掲載されていたもので、次のように書かれていました。

ある夜、生後2か月の男児を床に寝かせた母親が、同じ部屋で爪のマニキュアを落としていました。男児は12時間以上寝ていましたが、起きた時には母乳を吸う力が極端に弱くなっており、 嘔吐も繰り返しました。

様子がおかしいため医師に診てもらったところ、血液検査などからアセトン中毒と診断されました。アセトンは有機溶媒の一種で、マニキュアを落とす除光液に含まれていたものです。

 

男児は入院後回復し、4日で退院できたそうですが、記事には「アセトンは大量に吸えば意識障害を引き起こすなど危険な物質です」と書かれていました。

 

記事にはネイルアートに関して次の注意が書かれていましたので、小さいお子さんをお持ちの方々はくれぐれもお気を付けください。

近年、女性の間でネイルアートが盛んなため、同じ中毒が発生するリスクがあります。アセトンの蒸気が床にたまることを知らないと、幼い子を危険にさらすことになりかねません。

アセトン不使用の除光液も出回っていますが、含有する製品を使う場合は十分に換気し、拭き取ったティッシュやコットンもそのままゴミ箱に捨てず、すぐに密封して処分するなどの対策が求められます。

 

 

2018年10月19日(金曜日)

JR東の無人決済店舗

JRの無人決済店舗の事は多くのメディアで報道されていましたから、ご存じの方が多いと思います。

JR東日本、赤羽駅ホームの無人AIレジ店舗を公開。実店舗跡地での実証実験を10月17日から約2か月間実施

 

私も数日前にTVのニュースで知ったのですが、防犯のことが気になっていたところ、昨日、次の記事が目に留まりました。

JR東の無人決済店舗で“万引き”してみた

 

もちろん許可を得ての検証とあり、次が記されていました。

出口にある端末に交通系ICカードをかざすと、備え付けのディスプレイに購入した商品名、合計金額が表示される。そのまま決済が完了すれば、出口ゲートが開く仕組みだ。実証実験では、ICカードの残高が不足している場合、商品を棚に戻して一度退店する必要がある。

 天井には16台、棚には約100台のカメラがあり、入店した客を追跡する。棚から取り出した商品も同じカメラで認識している。商品そのものに電子タグなど特別な仕掛けはない。技術開発には、ベンチャーのサインポスト(東京都中央区)が協力している。

 

すごいカメラ数ですね

 

検証と結果については、次のように書かれていました。

意地悪な記者は、カメラが誤認識しないか試してみた。棚の手前ではなくあえて奥から商品を取り出す、一度手に取った商品を棚に戻す、購入前の商品をバッグに入れる“万引き”行為――などだ。やや小さめのお菓子を手に取り、カメラの死角になりそうな店舗の隅でコソッとカバンに商品を忍ばせた。

そのまま手に2つの商品を持ち、カバンに1つの商品を入れた状態でゲートに向かい、端末にICカードをかざす。すると、ディスプレイに表示された点数は「3点」。万引きは防がれてしまった。棚から商品を手に取った時点で人物とひも付けているため、不正は難しかったようだ。ただし、サインポストの波川敏也部長代理は「新しい万引きの方法が出てしまう可能性はある」とし、「(そうした手法を発見する)チャレンジできる環境でもある」と話す。

 

2ヶ月の実験店舗ということですが、どのくらいの方が利用するでしょうか。(予測として1週間当たり約6000人の来店を見込んでいるそうです)

結果も公表してほしいです

 


カレンダー
2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
メインメニュー
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project