ホーム
2018年7月18日(水)6時06分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
  投稿者 ‘shinjou’ のアーカイブ
2 / 73112345...102030...最後 »

2018年7月13日(金曜日)

段ボールベッド

豪雨によって甚大な被害を受けた西日本の各地域では、避難所生活を強いられていらっしゃる方々が多くいらっしゃいますね。

その避難所では、プライバシーも守られず、雑魚寝状態のところも多いようです。

 

そのような避難所に対して、段ボールベッドの提案をした方がいらっしゃったそうです。

その段ボールベッドは4年前の広島土砂災害の時にも使用したそうですが、段ボールベッドを使った人たちは使わなかった人たちに比べて血栓を生じたケースが1/3だったという結果を説明したのも関わらず、避難所の責任者から段ボールベッドの使用は拒否されたという投稿がFacebookに載っていました。

 

拒否の理由は費用もかかることと、市町村に仕組みがないことなどのようですが、避難所生活が長引けばエコノミークラス症候群へのリスクも高まることを思うと、投稿を読みながら残念な思いが大きく広がりました。

 

上記の後、Facebookに次の投稿がありました。

多くの方の尽力で、一転して倉敷市が避難者全員を対象に、段ボールベッドを導入する事を決めました。

県の防災協定を根拠に発動。近隣の大手段ボール会社が担当して今週末に搬入。理学療法士会災害派遣チームとの本格的な連携も初めて行います。

行政からの全員を対象にしたベッドの要請は、避難所史上初めての事だと思います。
避難所の景色を変えたい!と、取り組んできましたが良き前例になりました。

これで避難されている方が、少しはゆっくり寝れるかもしれません。

 

行政が動いてくれたようで、少しホッとしました。

↑の投稿をなさった方のように被災者を思い、陰で尽力を続けてくださっている方々には頭が下がる思いがしています。

 

追記:7月13日13時53分付けで、次の記事が報道されていました

避難所生活、脱「雑魚寝」 段ボールベッドの導入進む

 

 

2018年7月12日(木曜日)

2018年7月のWindowsUpdate

昨日の第二水曜は、Windowsアップデートのリリース日(日本時間)でしたね。

 

実は先週、Windows7の機種が起動しなくなりました。

ほとんど仕事に使用していない機種でしたし、Windows7ですから、データを削除してリサイクルの手続きをしました。

 

そのため、昨日のアップデートは4台でした。

まずWindows10の1台目から作業しましたが、Update自体は思いのほか早く完了したものの、先月と同じ現象(再起動後にデスクトップ画面が表示されない)が生じてしまいました。

これについては気になって原因の追究をしたいと思っているのですが、思うだけで1ヶ月過ぎてしまい、また今月も同じ繰り返しとなってしまいました。

毎回、来月までには解決しようと思いつつ、問題なく使えているため原因追及については手つかず状態となっています

 

次に作業したWindows8.1ですが、KB4340558がインストール失敗となり、再度試みても失敗、3度目の正直でも失敗、変に思ってネット検索したところ、やはり失敗の方がいました。

2018年 7月のウインドウズアップデート

 

上ページに次のように書かれていたので、私も情報を待つことにしました。

以下は数回再起動後にトライしましたが失敗します、サーバーはWindows Update修復ツールがありません。オプション更新ですので情報待ちとします。
2018-07 x64 用 Windows 8.1 および Server 2012 R2 の .NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 用セキュリティおよび品質ロールアップ (KB4340558)インストール状態: 失敗

 

残り2台のWindows10に関しては、問題なく完了しました。

Windows7がダメになり、Windows8.1の機種も怪しい部分があるので、代わりの機種を購入すべきか検討中です。

 

2018年7月11日(水曜日)

Googleのサービス

昨日、次の記事が目に留まりました。

「Gmail読まれた」と憤慨する前にやるべきこと

 

私はスマホを利用していませんし、サードパーティーアプリには神経質になっているので、記事の内容は想定内でしたが、皆さまはいかがでしょうか。

 

記事では、LINEを例にして次が書かれていました。

例えば「LINE」の場合、端末内の写真、連絡先の住所や電話番号、位置情報、SMSの受信、なんのアプリを実行しているか情報など、スクロールしないと表示しきれないほどのいろんなことにアクセスを許可するようになっています(LINEを例に出しましたが、メッセージング関連の多くは似たような感じです)。中には設定で無効にできるものもありますが、「オプトアウト」設定なので何も考えずにインストールすれば全部有効です。

 

何も考えずにすべて有効のままインストールしてしまうと、多くの個人情報を提供することになるのですね

 

また、記事には次も書かれていました。

納得してインストールしても、気は抜けません。アップデートのときにアクセス権限が追加されることがあるからです。

 

皆さま、アプリインストールの際にはくれぐれもお気を付けください。

 

2018年7月10日(火曜日)

火垂るの墓

何度も見たアニメですが、録画していた物をだいぶ日にちが経って時間が取れた日に見ました。

 

何度見ても胸苦しくなるような思いを感じて、その数日後だったからかもしれませんが、偶然に次の記事が目に留まりました。

「火垂るの墓」 ジブリで最も暗い作品が今も持つ重要性

 

映画の冒頭から結末は予告されている。独りぼっちの少年、清太は三宮駅で餓死する。所持品から清掃員が見つけたのは、ドロップ缶に入った少量の灰と骨のかけらだった。何の変哲もない缶は近くの野原に投げ捨てられ、空に向かった清太の魂は4歳の妹、節子の魂と再開する。

2人をホタルの群れが囲み、物語は始まる。「昭和20年9月21日夜、僕は死んだ」――清太の声による、耳に残るナレーションが入る。

 

私はこのアニメは何度も何度も見るべきだと思い、冒頭も内容も結末もわかっていても見たのですが、上記事を読んで、何度も見るべきと思っていた理由がわかった気がしました。

上記事には次のように書かれた箇所があります。

「『火垂るの墓』には、二義性や人生への後悔など豊かな物語性がある。その点だけで今も色あせていない。切羽詰った状況での英雄性や気高さの欠如の物語であり、その点では、ほぼアンチハリウッド映画だ」

「ハリウッド映画なら、困難なときにはヒーローが必要だと信じさせようとするだろう。高畑勲は反対の弱さを表現する。困難なときに最も必要なのは謙虚さ、忍耐、自己抑制だと。それによって生き延びられるのだと」

 

上は米国の編集者で、日本のマンガ・アニメ業界を論じた「Japanamerica(ジャパナメリカ)」の著者、ローランド・ケルツ氏が話したことだと書かれていて、戦争を生き延びるシンガポール国立大学・日本研究学科のリム・ベン・チュウ准教授が述べたこととして、次が記されていました。

「『火垂るの墓』が注目すべき映画なのは、さまざまなメッセージを含むなかで、命の大切さを強調している点が挙げられる。取り返しのつかない悲劇、戦争中の日本人が耐えなくてならなかった苦難を描いているが、観る人はなぜ第2次世界大戦が起きてしまったのかを自ら問う必要がある」

「過去の日本の軍国主義を知ることも、映画中の出来事に対するより良い理解を助け、すべての戦争に対する一般的な人間感情を培う。それは将来の戦争を予防する、より効果的な方法になる」

 

米国のあるファンは、次のように語っているそうです。

「ホタルには、主人公たちの街を焼いた焼夷(しょうい)弾と希望と忍耐力を表す二重の意味が込められていて、いつまでも心に残る映画の象徴になっている」

 

記事は次の文面で終わっていますが、記事のタイトルにあるように「ジブリで最も暗い作品が今も持つ重要性」について深く考えさせられました。

ジブリのファンのレベッカ・リーさんはフェイスブックに、「トランプ政権が誕生し、世界中で多くの人がナショナリズムに染まるなかで、この映画の必要性はこれまでになく高まっている」と書いた。

「この映画は第2次世界大戦の隠喩で、2人の登場人物が死ぬというだけの映画ではない。『火垂るの墓』は、盲目的で反省のないナショナリズムや、それに従った人々の苦い結末について語っている。この映画は悲しいから傑作なのではなく、得られる教訓によって傑作になっている」

 

2018年7月9日(月曜日)

甚大な被害

西日本を中心に降った記録的な大雨により、甚大な被害が出ていますね。

西日本を中心に記録的な大雨 被害状況まとめ

 

店が休みの昨日、私の住む地域の天気予報は曇だったのですが、予想に反して晴れ間が広がりました。

2018/ 7/ 8 14:03

 

上の写真は、2回目の洗濯物を屋上に干した際に、被災地の被害がこれ以上広がらないようにと思いながら写しました。

 

上ページに記されていますが、警報などが解除されても土砂災害の危険がありますから、被災地の方々はくれぐれもお気を付けください。

 

2 / 73112345...102030...最後 »

カレンダー
2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
メインメニュー
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project