ホーム
2017年12月11日(月)10時58分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
  カテゴリー ‘いろいろ’ のアーカイブ
1 / 41612345...102030...最後 »

2017年12月11日(月曜日)

医療情報を探すコツ

別の記事を探していたのですが、次の記事が目に留まりました。

インターネット初心者のための医療情報を探すコツ

 

ネット上には様々な記事が氾濫していますから、正しい情報を見つけることが至難の業になる場合もありますね。

特に医療情報に関しては、間違った情報を鵜呑みにしてしまうと大変なことになりかねません。

 

上記事には、医療情報を検索する際のアドバイスとして次のように書かれています。

正しい情報を入手するには、公的機関が提供する情報を利用するのがよいといわれています。医学情報であれば各学会のホームページが参考になるでしょう。近年は「一般の皆さまへ」といったバナーを設け、病気の説明や患者向け診療ガイドライン、専門医リストなどをまとめて掲載する学会も増えてきました。学会は細分化されているので、ホームページで検索するときは診療科名ではなく、「病名」の後に「学会」と入力して検索をかけると、適切な学会のホームページにたどりつけます。

「病名」の後に「協会」と入力して検索をかけると、その疾患に関する知識の普及や啓発活動を目的に設立された公的機関のホームページを探すことができます。たとえば、日本対がん協会、日本アレルギー協会、日本脳卒中協会などがあります。こうした公的機関が提供する患者向け情報も参考になります。

 

医療情報の検索については、次のページも見つけました。

インターネットで医療情報を検索するとえらいことになった

 

上ページには、次のように書かれています。

検索する際に、この方法を試すとまっとうなサイトが見られる方法

検索する単語 ”go.jp” “ac.jp”

ポイントは「 ” 」を使うことです。

 

転記したいくつかの方法は私も納得ですので、皆さまにも参考にしていただければと思います。

 

2017年12月10日(日曜日)

きりぬける言葉

ほぼ日の記事を探していたら、次の記事が目に留まりました。

きりぬける言葉

 

上記事は、「おとなの小論文教室」というコンテンツに掲載された記事です。

探していた記事ではなかったのですが、納得しながら読み進んでしまいました。

 

言われた言葉が「グサッ」と刺さったことが、私は何度もあります。

「グサッ」が何度もあるのに、言い返せたことは一度もありません。

上記事に、「無効化する言葉」と書かれていますが、とっさに思いつくのは難しいですね。

 

毎日、ハイヒールのとがった踵で人の心を踏んづけてるのに気がつかない。

というような人、皆さんの近くにいませんか?

 

記事には、次のように書かれています。

だれも攻撃せず、それでいて、それ以上相手を、自分の陣地へ踏み込ませない。

そんな自分なりのきりぬける言葉を、日常の試行錯誤をとおして編み出していくチカラは、あなたにもある! 私にもある!

と信じたい。

 

私も・・・・・信じます!

 

場の緊張が一瞬ゆるむ、どこかやさしさのある言葉

をイメージですね

 

2017年12月9日(土曜日)

電子レンジ事故

昨夜、主人がシリカゲルを再生しようとして電子レンジで加熱したところ、気が付くと電子レンジ内で発火していて、あわてて電子レンジのスイッチを切り、庫内に水をかけて消した、と今朝の起床時に聞きました。

私が寝てしまった夜半の出来事だったようです。

話を聞いて確認すると、電子レンジ内のターンテーブルは真ん中が焦げていて、それを支えていた回転ローラー台の一部が熱で焦げ、庫内は煤で黒くなっていました。

 

気になって、電子レンジの火災のことを検索したところ、思いの他、事故が多い事を知りました。

電子レンジ庫内の発煙・火災

 

↑は国民生活センターの資料ですが、2009年から2015年1月31日の間に669件の相談が寄せられていると書かれていました。

発火の原因としては、次の2点が多いようです。

1.電子レンジ庫内の汚れの付着が原因と思われる壁面の発煙・発火

2.電子レンジ庫内の食品の加熱のしすぎが原因と思われる発煙・発火

 

我が家の場合、ターンテーブルの中央の損傷が一番大きかったので、たぶん、上記の2番が原因なのではないかと思います。

事故のあった電子レンジは10年以上使用しましたし、温めるのと解凍だけの単純な電子レンジでしたから、粗大ごみとして廃棄して新しいのを買うつもりです。

 

今回の原因となったシリカゲルの再生についても調べたところ、フライパンで炒る方法が一番安全で手軽なようですから、その方法を主人に勧めるつもりです。

シリカゲルの再生方法はどれがいいのか!電子レンジVSドライヤーVSフライパンVSバイクのマフラー

 

今回の事故で電子レンジ買い替えの出費が生じてしまいましたが、大ごとにならずに済んだことと注意を促すきっかけになったことが幸いだったと思います。

皆さまも電子レンジの事故にはくれぐれもお気をつけください。

 

2017年12月8日(金曜日)

驚きと尊敬

昨日、次の記事を読みました。

12人目出産、家族全員で立ち会い 京都市長が祝い品

 

12人目ですよ!!!

驚きましたし、お母さんとして尊敬の念を抱きました。

 

お母さんは看護師奥西恭子さんという方で、記事によれば、高校3年生(17歳)から今年の9月に生まれた12人目で七男五女になるそうです。

 

記事には次の記載がありましたが、

奥西さんは大変ながらも家族で支え合う育児生活に触れ、「子どもたちが笑ったり喜んだりしてくれるのが楽しい」と語った

きっと、奥西さんは肝っ玉母さんなのでしょう

 

大家族の一日の想像もできませんが、奥西さんは看護師のお仕事も続けていらっしゃるそうなので、育児と仕事との両立に頭が下がる思いがしました。

 

2017年12月7日(木曜日)

黄砂の影響

気になる記事を読みました。

黄砂飛来の翌日、AMI発症が有意に増加

 

医療従事者向けサイトの記事なのですが、次のような研究結果が発表されたそうです。

熊本県内で行われた研究の結果、黄砂飛来の翌日は急性心筋梗塞(AMI)の発症率が有意に上昇し、慢性腎臓病(CKD)患者は特にリスクが高いことが示された。論文はEur Heart J誌11月14日号に掲載された。環境汚染は1国に留まらず広い地域に直接的な影響を与えることを示すエビデンスが日本から発信された。

 

また、次のような記載がありました。

黄砂による健康被害の例について、著者らは福岡から報告された虚血性脳卒中およびAMIのリスク上昇を紹介した。また、本研究ではCKD患者においてAMIリスクが著明に上昇していたことから、CKD患者が既に有する酸化ストレスと炎症が黄砂飛来後におけるAMIリスク上昇のメカニズムに関与する可能性に言及している。

 

黄砂の飛来時期が気になって検索したところ、次のページを見つけました。

PM2.5と黄砂の週間予報はマメに確認を!

 

上ページには、次の記載がありました。

中国から飛散されている『PM2.5』と『黄砂』は、 偏西風により九州を中心とした西日本へ運ばれてきます。黄砂の被害が大きい時期は中国の砂漠が乾燥している時期の2月~4月です。

 

論文は

黄砂飛来後のAMI発症リスクが高い症例に対して、事前教育による予防が重要であるという強いエビデンスを示した

という文面で締めくくられているそうなので、各医療機関での早急な対応を願いたいです。

 

1 / 41612345...102030...最後 »

カレンダー
2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project