ホーム
2018年9月21日(金)2時24分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
  カテゴリー ‘HP関係’ のアーカイブ
1 / 5712345...102030...最後 »

2018年9月18日(火曜日)

全く減らない詐欺メール

多くの方が同様かと察していますが、私のメールアドレスに届く詐欺メールも減ることがありません。

 

受信前にWEBで確認し、詐欺メールや迷惑メールはWEB上で削除していますから、メールソフトで受信することはないのですが、「懲りずによく送ってくる」とあきれるばかりです

 

詐欺メールの中でもこのところ多いのは、「エフシーサービス日本窓口 デジタルコンテンツ管理部 」を名乗る物で、7月に届いたものよりも金額が増えています

利用者ID11559440

下記、ご確認お願い申し上げます

・情報開示請求概要(プロバイダ責任制限法第4条)

開示関係役務提供者
エフシーサービス日本窓口
デジタルコンテンツ管理部

貴殿はFC.comが管理するWEBContents(インターネット上における電子商取引に基づいた有料サイト及び無料期間を設けた月額制サービス)ご登録後、無料期間終了後に正式な解約処理を行わないまま放置をされ現在、利用料金を滞納している状態となっております。

電子商取引による利用履歴に基づき、貴殿に対して利用料金のお支払については、再三のインフォメーション内の督促通知にてお知らせしていたにもかかわらず、支払いがなく、現在多額の延滞金が発生しております。
暫定未納金総額
(【623,600円】 )
※遅延金等を含む

つきましては、未納分及び延滞損害金をお支払頂く様本状にて勧告とし、貴殿に穏便に問題解決する意思がある場合は、当方にて合意解約(和解契約)の手続きを行えるよう手配致しましたのでご確認ください。

fc2(下記WEBコンテンツ一覧)に登録をしてない、利用した記憶がない、その他間違いである場合、当カスタマーセンターにご連絡を頂きましたら、登録情報の確認並びに本人確認を行うことが可能となっております。
申請された登録情報が一致し、本人確認が完了した場合のみ、【有料アカウント削除】を行うことができ、fc2提供サービスを管理する運営元が現在発生してる遅延損害金を含む未納金全額の債権放棄をします。

債権放棄履行後、遅延損害金を含む未納金の債務は消滅し、データベースに保存されてる登録されてる一切の個人情報を抹消し、登録されましたアカウントのご利用はできませんので、注意下さい。
当該アカウントにてネットショッピングの商品、デジタルコンテンツ等が注文処理中の場合、全てキャンセルとなりますので予めご了承下さい。

=削除申請の手続き方法=

現在発生してる遅延損害金を含む未納金【623,600円】の債務消滅、個人情報抹消を希望される場合、回答期限である本通知閲覧後24時間以内に【アカウント解除】と本通知に記載し、ご返信下さい。
申請のご確認が取れましたら、利用履歴およびアカウント情報の削除処理および利用契約破棄の手続きを進めてまいります。

※必ず本状が受信されたアドレスからご返信下さい。
その他のアドレスからではご本人確認が取れず申請が無効となります。

尚、このままアカウント解除による和解手続きのご返答が確認できなかった場合は債権回収三次団体への委託処分となります。
債権回収三次団体は国からの認可を受け、合法的な強制処分を執行できる機関となります。

1.ご口座及び給与の差押え
2.所有財産(ご自宅、家財、車)の競売処分
3.自宅への訪問及びご自宅のポスト及びドア等への督促状の貼り付け
4.ご親族、職場へのご連絡と代理返済の要求
を代理人弁護士を通じて法的手続きによる執行と致します。
このような事態にならないよう貴殿の速やかな対応をお願い致します。

※ご自宅訪問の際は財産物の強制没収と売却が行われます。
 (テレビやパソコン、携帯電話など生活必需品以外の全ての財産物を強制売却致します)

上記のように、手続きを拒否した場合認可団体へ債権が委託され日常生活に支障をきたし、更に親族や知人にまで多大な迷惑がかかる事となります。
貴殿の速やかな対応が予期せぬトラブルを防ぎ、これ以上の請求の発生を防ぐ唯一の手段となりますのでご対応の程、お願い申し上げます。

以上、其々電子商取引法、契約法に基づく催告とする
[-消費者がその使用する電子計算機を用いて送信した時に当該電子消費者契約の申し込み又は承諾の意思表示があった際、サービスの利用規約について同意し利用したものとする-] (電子商取引法)

■会社概要およびサービス概要
運営法人
FC2,INC
・本社所在地
101 Convention RideCenter Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109
・設立
1999年7月20日
事業内容
ドメイン名販売
デジタルコンテンツ配信
ウェブホスティングDFesmXZa
アプリケーション開発

【反社会的勢力排除宣言】
当社は反社会的経済活動により利益を追求する集団又は個人、(いわゆる反社会的勢力)による被害を防止し、組織的に反社会的勢力を排除するため、次の基本方針を宣言します。

第1条 利益供与の禁止
反社会的な活動を行う個人、団体に対して、利益を供与しない。これらの個人、 団体との交際は断じて行わず、また、金品の提供、書籍、情報誌などの購入、その他、利益の供与となるような行為を行わない。

第2条 反社会的行為への加担の禁止
反社会的行為に、決して加担しない。暴力的活動、組織的破壊活動など反社会的活動を行う団体や、人権侵害行為、非人道的行為を行う組織などに対して、理由の如何を問わず、一切の取引、融資、援助、同調その他の加担行為をしない。

■サービス一覧
FC2,comが提供するWEBホスティングサービス
FC2ブログ
FC2WIKI
FC2動画
SayMove!
ひまわり動画
無料ストリーム動画
音楽視聴
FC2ライブ
FC2コンテンツマーケット
ねとらじ
ソーシャル・ネットワーキング・サービス
[ニュースサイト、占いサイト、チャットサービス]
ミニブログ
掲示板
ブログランキング
ホームページ
レンタルサーバ
バーチャル・プライベート・サーバ
専用サーバー
ドメイン
ショッピング・カート
ショッピングモール
アフィリエイト
レンタルフォーム
アクセスカウンター
プロフ
アクセス解析
アクセスランキング
R18[成年向けコンテンツ]
テキスト広告

FjgCFQ

 

上記内容と同じ文面の物が詐欺メールとしてネット上にはたくさん掲載されていますし、皆さまのところに届いた際には決して返信なさいませんように。

 

2018年8月22日(水曜日)

ネットマナー

次の記事を読み、考えさせられた点が多々ありました。

「ネットマナー守って」の難しさ 今のSNSが生きづらいワケ

 

記事は次の文面から始まっていました。

先日、Twitterに関連するサービスが炎上していました。簡単にこの件を述べると、Twitterに投稿されたイラストを機械的に収集し、それらをまとめてWebサイトを構築するというサービスに対し、“絵師”と呼ばれるイラスト制作者たちが反発したという問題です。

 

私はこの炎上の事を知りませんでしたが、記事を読み進むにつれ、「ローカルルールのようなもの」と書かれた「ネチケット」の時代を知る私には、今時のSNSの居心地の悪さを痛感させられた思いがしました。

 

記事には、次のように書かれた箇所もありました。

特にTwitterやFacebook、InstagramなどメジャーになったSNSに関しては「見られたくない人に見られていること」を意識しないといけない時代になったといえます。そこに、ローカルルールともいえるマナーは押しつけられないでしょう。友達に向けて「明日から夏休みで1週間ハワイだ!」と書く人も、自宅は1週間誰もいませんと泥棒に教えたかったわけではないでしょうし。

 

記事は次の文面で終わっていましたが、私にはSNSの今後が懸念されるばかりです。

SNSにおける最も無粋な発言は「私が不快だからあなたのその発言やめてもらえませんか?」だと思ってます。マイクロブログサービスTumblrで見た受け売りですが「アウトプットはどんどんやるべし、フィルタリングは各自でやるべし」がインターネットの世界においては正しいと思っています。

とはいえ、それも単なるマイルールでしかないので、SNSは少々、生きづらい世界になりつつあります。

 

2018年8月16日(木曜日)

第三水曜のWindowsアップデート

月例のWindowsアップデートのほとんどは第二水曜ですが、稀に第三水曜になることもあるようで、8月がそれに当たったため、昨日がリリース日(日本時間)でしたね。

今月のアップデートは第三水曜と認識していたため、先週の水曜は慌てることもなく、昨日の第三水曜の朝、気合を入れて作業に入りました

 

まず最新のWindows10(1803)から作業を始め、次の3台のWindows10(1803)と進み、このうち1台が先月同様再起動後にようこそ画面から真っ暗になるという現象が生じましたが、これも先月同様タスクマネージャーでWindowsアップデート関係が動いていないのを確認して強制終了し、その後電源を入れることで正常に起動したので、Windows10の4台は完了としました。

最新のWindows10とは、Windows7の機種が壊れた後に発注し、先月末に手元に届いた物です。したがって、今月分からUpdateするPCはWindows10(1803)が4台、Windows8.1が1台となっています。

 

残りのWindows8.1ですが、今月はこれに関して少しだけ手間取りました。

何に手間取ったかというと、更新確認が延々と終わらない状況になってしまったのです。

「まだまだ」と思いながら30分待ちましたが確認画面から動かなかったため、システム関係をクリーンアップ後に再起動、その後アップデート画面を開いたところ、9個のアップデートを確認することができました。

アップデートファイルの確認が取れてからはダウンロードもインストールも順調に進み、すべて完了しました。

これに関しては、最初にループにはまった原因がわからないのですが、とりあえずアップデートは完了したので、様子を見ることにしています。

 

アップデート完了後、以前から参考にさせていただいているサイトを開いたところ、今月は情報が掲載されていました。

2018年8月の Windows Update メモ (8/15更新)

 

上ページに

Windows 10 バージョン 1507 / 1511 / 1607 / 1703 / 1709 に配信された KB4023057 には注意事項が盛り沢山なので注意。

という記載があり、1803以外のWindows10に配信のあったKB4023057 に注意が必要のようですが、私の手持ちのWindows10はすべて1803のため大丈夫のようです。

 

上ページの情報は私には一番わかりやすいので、アップデート関係が更新されているとホッとしますが、管理人さんは次のように書いていらっしゃるため、期待せずに待つことにしたいと思います

以前のような更新頻度と更新スタイルは期待しないでください。時間に余裕のある時に限り作成・更新する、という感じです。

 

とりあえず手持ちPC5台のアップデートは完了とみなしたので、その後バックアップを取って昨日のアップデート作業は終了としました。

 

2018年7月21日(土曜日)

Yahoo!メールのログイン障害

私はYahoo!メールを利用しているのですが、昨日の午後、それまで何の問題もなく利用していたのに、突然ログインできなくなりました。

 

ログイン画面で「パスワードが間違っています」と表示されたのです。

再度パスワードを入れなおしても、同様の現象が生じました。

 

通常ならしばらく待ってから対応するのですが、昨日は金曜日ということもあって、お客様から「15時までに振込みを済ませたいので、返信を早くしてください」というお電話をいただき、早急に解決しなければならない状況でした。

 

キャッシュやクッキー、それともブラウザの関係かと思い、思い当たるところはすべて試したのですがダメで、14時半にはお客様から催促の電話をいただいてしまったため、パスワード変更を決断して実行しました。

Yahoo!メールのパスワード変更の手順に従って変更し、それまで少々焦っていたため気持ちを落ち着けてログインを試みたところ、正常にログインできました。

 

お客様のお振込みも15時までに間に合い、ホッとしてとりあえずログインは解決したと思っていたところ、今朝、Yahoo!に次が出ていたのです。

ログイン障害解消のお知らせとおわび

2018年7月20日
このたびはお客様にご迷惑をおかけしましたことを、深くおわび申しあげます。

7月20日(金)13時15分頃から、一部のお客様において下記の障害が発生しておりましたが、14時20分頃に解消いたしました。

・Yahoo!メールへのログインに失敗することがある

影響範囲
・パソコン向けブラウザー版Yahoo!メール
・スマートフォン向けブラウザー版Yahoo!メール
・Yahoo! JAPAN アプリ

ご迷惑をおかけいたしましたことを重ねておわび申しあげます。

大変申し訳ございませんでした。
今後同様の事象を発生させないよう、再発防止とサービス安定化につとめてまいります。

 

私は唖然としてしまいました。

Yahoo!側の障害だとは思いもせず、「必死に復旧を試みていたあの時間を返してほしい」と言いたいくらいでした

 

私がパスワードを変更した頃、障害が復旧したのですよね。

パスワードを変更した後には、メールソフトや別の末端のメール関係も変更しなければなりませんから、余分な手間がかかるわけで、もっと早くにYahoo!側の障害とわかっていれば慌てずに済んだのです。

お客様からの催促が入った時点で、私はパニックになりそうでしたから

 

Yahoo!の上記お知らせを読んでから、昨日の疲れがドッと出てしまいました

 

2018年6月17日(日曜日)

Apple ID サポート?

このところ、毎日のように「Apple IDサポート」という送り主からのメールが届きます。

 

私のApple IDを使って別の人がログインした可能性があるという内容で、確認を促すメールなのですが、メール中にリンクされているログインURLがAppleの物ではないため、詐欺メールと判断して届く度に削除しています。

 

Apple関係の詐欺メールは少し下火になったと思っていたのですが、また増加しているのでしょうか。

あまり詳しくない人なら詐欺にあってしまいそうな内容の文面なので、詐欺に遭う人が無くならない限り詐欺メールも減らないのかもしれませんね。

 

今後、詐欺メール等は今後も巧妙化することが察せられますから、皆さまもお気を付けください。

下はAppleの注意喚起のページですので、参考になさっていただければと思います。

フィッシングメール、ウイルス感染の偽警告、偽のサポート電話などの詐欺に遭わないようにする

 

1 / 5712345...102030...最後 »

カレンダー
2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
メインメニュー
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project