ホーム
2017年9月23日(土)1時58分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
  カテゴリー ‘健康に関する情報’ のアーカイブ
1 / 3212345...102030...最後 »

2017年9月21日(木曜日)

夜間のおしっこ

次の記事は2年前に書かれたものですが、私自身も昨日偶然に目にしました。

 

内容も「おしっこ」のことですし、読んでみると皆さまにも知っていただきたいことでしたので、ブログに投稿することにしました。

記事を書いているのは、順天堂大学教授の堀江重郎さんという方です。

「おしっこの回数」と寿命の関係

 

記事には、夜間のおしっこについて次のように書かれています。

統計を見ると50歳以上の方の過半数は、夜中に1回はトイレに行きます。だから、夜中1回というのは、中年以上では「標準的」と言えますね。私たち泌尿器科医は、夜中に3回以上トイレに起きるのを「夜間頻尿」と呼んでいます。頻尿とは、トイレの回数が頻回であることの医学用語です。

 

夜間頻尿については、次のような調査結果があるそうです。

北欧での有名な研究で、高齢者の集団を4年間追跡したところ、夜間頻尿の方はそうでない方よりも、なんと2倍多く亡くなっていた、という衝撃的な結果があります。つまり、夜中にトイレに行く回数が少ないほうが、長生きするということになります。

 

私の場合、夜間のおしっこは今のところ無いのでホッとしましたが、皆さまはいかがでしょうか。

夜間頻尿がある場合は、何らかの重大な病気のサインの可能性もあるとのことですから、気になる方は医療機関の受診をお勧めしたいと思います。

 

2017年9月11日(月曜日)

ダウン症治療に“光”

なぜ「アルジャーノン」と命名? ダウン症治療に“光”の新物質 京大に聞く

 

上記事は「アルジャーノン」という名称に焦点が当てられていますが、私はダウン症治療に光が見えたことに喜びを感じました。

それは、以前読んだ記事を思い出したためです。

 

その記事は保存していませんでしたから、記憶を頼りにネット検索したところ、ほぼ同じ内容の記事を見つけました。

新型出生前診断 異常判明の96%中絶 利用拡大

 

記事は1年前の4月(2016年4月25日)のものです。

私は昨年、同様の内容の記事を読んだ際、胸が苦しくなる思いを感じたのです。

新型出生前診断を実施している病院グループ「NIPTコンソーシアム」が、加入する44施設の昨年12月までの実績を集計した。

対象となっている疾患は、21トリソミー(ダウン症)、心臓疾患などを伴う18トリソミーと13トリソミーの計3種類。いずれかで陽性反応が出たのは全体の1.7%にあたる469人。このうち、診断を確定するためその後に行った羊水検査で異常がなかったのは35人、流産・死産が73人のほか、その後が不明の人などもいた。残り346人のうち334人が中絶したのに対し、異常が分かっても妊娠を継続した女性が12人いた。

 

私の娘は昨年6月に出産しましたが、35歳を過ぎていたので、出生前診断をするかどうかを夫婦で話し合ったようです。

その結果、どのような子であっても受け入れるという思いに至り、出生前診断を受けませんでした。

様々な考えや選択肢がありますから、何が最善なのかは人それぞれの考えによると思いますが、中絶を決心したご夫婦も苦しんだ末の結論だろうと思います。

 

「アルジャーノン」の更なる研究に期待したいと思います。

 

2017年9月10日(日曜日)

帯状疱疹の増加

気になる記事を目にしました。

じわり増加、帯状疱疹 50歳以上の女性はご用心

 

上記事には、帯状疱疹について次の説明が書かれています。

顔や体の片側に激しい痛みが起きた後、赤い発疹が出る帯状疱疹。これは、子どものころに感染した水疱瘡(みずぼうそう)を引き起こす「水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルス」(以下ウイルス)が原因。水疱瘡が治った後も、ウイルスは脳や脊髄の感覚神経節に潜み、虎視眈々(たんたん)と活動のときを待っている。加齢や過労などで体の免疫が低下すると暴れ出し、帯状疱疹を引き起こす。一生のうちに3人に1人がかかるといわれている。

 

帯状疱疹は治療の開始が遅れると帯状疱疹後神経痛になる可能性もあり、厄介な皮膚病です。

私が気になったのは、次の箇所でした。

帯状疱疹は、50歳以上の女性に多い。糖尿病などの持病があったり、過労やストレスなどで体の免疫が低下していると発症しやすい。こうした人が帯状疱疹を防ぐのに有効なのが水疱瘡ワクチンだ。これまで効能は「水疱瘡の予防」だけだったが、2016年に「50歳以上の帯状疱疹の予防」にも拡大された。

 

幸いなことに私は今まで帯状疱疹に罹患したことはないのですが、年と共に免疫は低下しているでしょうから、今後は発症する可能性もあるかもしれません。

この年になって水疱瘡ワクチン接種など思いもしなかったのですが、予防の選択肢として入れておくべきなのかと思った次第です。

 

2017年9月5日(火曜日)

高齢者の救急

次の記事に目が留まりました。

「何かあったら救急車呼んで」から脱却

 

上記事は次の文面から始まっています。

「先週退院したばかりなのに、また来てしまった。入院のたびに治療してせん妄を起こして、この患者さんは幸せなのだろうか……」「すぐ繰り返すことが分かっているのに、治療して意味があるのだろうか……」。

 

記事の中で、私は次の箇所にハッとさせられました。

主人の両親も私の両親も亡くなりましたが、在宅だった時期、何かあれば病院での治療が最善だと考えていたことを思い出したのです。

「肺炎」と聞くと、「感染症なので治療すれば治る」と考えている患者・家族は多い。だが実際には、特に高齢者の繰り返す誤嚥性肺炎は、低栄養などの全身状態の低下がベースにあり、終末期にかなり近い状況にあることも少なくない。積極的な抗菌薬治療が生命予後を改善するとは限らず、むしろQOLを下げるという報告もある。入院生活により、認知症が進んだり、ADLが低下するリスクもある。

 

そして、まさに現状が記事にあります。

現状では、診療所のかかりつけの医師が、患者に「今後、状態が悪くなったとき、どこまで治療したいですか」などと聞いている例はまだ限られるだろう。そもそも、「休日や夜間に何かあったら救急車呼んでね」と患者に伝え、診療時間以外は連絡がつかないケースも少なくないようだ。

そして、肺炎の高齢者が救急搬送された病院では、多くの場合本人の意思は把握できない中、来たからには入院させて積極的に治療することが多い。

 

記事の文末には筆者の思いが書かれています。

かかりつけ医には、自ら肺炎に対応するとまではいかなくとも、自分が長年診ている患者の治療方針については、治療場所が変わっても最期まで責任を持って関与してほしい。そうすれば、そもそも患者の意に反する救急搬送は減らせる可能性がある。また救急搬送された場合にも、搬送先の病院で患者の意思に沿った治療が提供できるようになるのではないだろうか。

 

身近に高齢者がいらっしゃる方はもちろん、そうではないかたもこれからを思ってお読みいただければと思いました。

 

2017年9月3日(日曜日)

ニセ医学

昨日、医療従事者向けの次の記事を読みました。

医師が思い浮かべる「ニセ医学」が規制強化へ

 

記事は次の文面から始まっています。

日経メディカル Onlineのアンケートで医師3322人に「『ニセ医学』と聞いて思い浮かぶもの」を聞いたところ、最も多かったのは「広告過剰なサプリ/健康食品」だった。

 

健康食品について、記事では東京都が平成28年に公表した調査結果についても書かれていました。

東京都が2017年3月に公表した「平成28年度健康食品試買調査結果」の中で、健康食品の広告や表示における不適切な表現の具体例が挙げられている。それによれば、例えば「集中力・記憶力の低下を防ぐ効果があると言われている」という表現は健康増進法上、消費者に誤認を与える可能性があるという。また、「ついてしまった肥満成分を燃焼」「1日たった1粒でウエスト-○cm! 体重-◯kg!」という表現は景品表示法上、表示の裏付けとなる合理的根拠がなく、消費者に優良誤認させる恐れがあると指摘。「アトピーのかゆみ・あせもの治療」「生活習慣病予防」といった表示は薬機法上、疾病の治療や予防を目的とする効能効果に該当し、医薬品とみなす標榜だとした。

 

記事には、※あくまで個人の感想です」は免罪符になるか?ということについても書かれています。

そして、記事の末尾には次の文面がありました。

医師に求められるのは、患者に摂取している健康食品について相談された際、頭ごなしに否定することなく医療者として適切な情報提供をし、患者が標準医療から離れないようなコミュニケーションを取ることだろう。

 

ちなみに、記事では、健康食品等による健康被害を防ぐため、日本医師会と厚生労働省、国立健康・栄養研究所が次の手引きを作成していることも紹介していました。

健康食品による健康被害の未然防止と拡大防止に向けて

 

1 / 3212345...102030...最後 »

カレンダー
2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project