ホーム
2018年1月18日(木)0時04分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
  カテゴリー ‘健康に関する情報’ のアーカイブ
1 / 3712345...102030...最後 »

2018年1月13日(土曜日)

アルコールと記憶

今月は新年会等、お酒を飲む機会が多い方もいらっしゃることでしょう。

 

昨日、お酒に関係する次の記事を読みました。

お酒をたくさん飲んでも、家に帰れるのはなぜ?~記憶とアルコールの不思議な関係

 

お酒を飲み過ぎて記憶をなくした経験、皆さまはいかがでしょうか。

実は、私は今までの人生で3度ほどあります。

その3回とも無事に帰宅しているのですが、偶然かどうか3回とも主人が一緒でしたので、一人だったらどうだったかわかりません

 

上記事には、次の記載がありました。

記憶をなくすことを、英語で「ブラックアウト」と言います。そして記憶には、短期記憶と長期記憶があります。
すべての情報は、まず短期記憶として保存されます。その後、必要な情報だけが取捨選択されて長期記憶になります。いわゆる「覚える」とは、長期記憶に情報が蓄積された状態です。

中略

アルコールを飲むと、ステロイドが神経細胞で作られ、長期増強が抑制されます。その結果、新しい記憶である飲み会での出来事を覚えられず、「ブラックアウト」となるのです。これは、2011年にワシントン大学医学部の和泉幸俊教授らが発表した研究であきらかになりました。(J Neurosci. 2011 July 6; 31(27): 9905-9909.)
しかし、もともと長期記憶で覚えている家の場所や自分の名前は忘れないので、ちゃんと帰ることができるというわけです。

 

記憶をなくさないためには飲み過ぎないことは誰もがわかっているはずですが、私も場合もいくつかの条件が重なって3回という結果になってしまったので、わかっていても記憶を無くす時は無くすんですよね

ただ、記事には仕方がないでは済まない恐ろしいことも書かれていましたから、皆さま、くれぐれもお気を付けください。

注意しておきたいのは、ブラックアウトが出現するほどの飲酒量を続けると、脳血管の動脈硬化を引き起こしたり、ビタミンB1不足による「ウェルニッケ脳症」という病気になりやすくなるということ。記憶をなくすどころの話ではありません。

 

2018年1月9日(火曜日)

FASTのテスト

まだ寒中で血圧も上昇しやすいですから、FASTテストは皆さまにも頭に留めておいていただければと思います。

友人が舌を突き出したとき、彼は救急車を呼んだ。このテストをした直後だった。

 

FASTテストは次のものです。

1. 笑顔を作ってもらう。もし笑顔が左右対称でなければ脳卒中の疑いがあります。
2. 両腕を頭上に上げて目をつむってもらう。どちらかの手が下がってきたら疑いありです。
3. 簡単な文章を繰り返し声に出してもらう。推奨されている文章は「太郎が花子にりんごをあげた」。ろれつが回らないのも脳卒中の兆候です。
4. 舌を出してもらう。舌がまっすぐに出せない場合、脳卒中の可能性があります。

 

そして、

1つでもうまくいかないものがある場合は、すぐに救急車を呼んで症状を説明してください。

とのことです。

 

記事には、次の記載がありました。

脳卒中患者の20%が発症から4週間以内に死亡しており、日本ではがん、心臓病に次ぐ死因の第3位に位置しています。 この4つのチェック法を覚えておいてください。このテストは、顔(Face)、腕(Arms)、発言(Speech)、時間(Time)の「FASTテスト」としても知られています。「F」「A」「S」で表される3つの徴候のうち1つでもあれば、脳卒中の可能性は 72%です。

 

文末に次の記載がありました。

この記事を友人や家族にシェアしてください。誰かの命を救えるかもしれません!

 

2018年1月6日(土曜日)

孫の風邪

お子さんが保育園や幼稚園へ通っていらっしゃる方はご経験かと思いますが、通い出しの頃はしょっちゅう風邪など感染症をもらってくるんですよね。

それを大人がもらうのです

 

私は何年も風邪をひかなかったのですが、孫が保育園に通うようになってからの風邪には、ことごとくやられています。

まだ抱っこが多いことと、おしゃぶりした手で人の顔を撫でまわされたりするので、ウィルスが付き放題なのでしょう

それで、必ずと言っても良いほど孫より重症化します

 

そのことが気になってネット検索したところ、いくつものページがヒットしましたが、次のページに書かれたことが一番納得できました。

子どもの病気、大人にうつると重くなるのはなぜ?

一般的には、風邪に限らず、どんな病気も、家庭内では『二次感染』のほうが重症化するという傾向はあります

 

また、次のようにも言われているようです。

おそらく免疫の関係だと思うんですが、子どもの頃はまだ『免疫の寛容』のようなものがあって、比較的軽くすむところでも、大人になると、免疫の有無がはっきりして、ウイルスと真っ向勝負してしまうのかも

 

まだまだ寒いですから、孫からウィルスをもらう可能性があると思うので、上ページの末尾の文面を心に留めておくことにしました。

子どもの風邪をもらった大人が重症になるのは、免疫の違い、感染経路の違いなど、様々な要素があってのことで、単に子どもより大人が忍耐力がないというわけではないようなので、甘く見ずによく休みましょう。

 

寒中ですから、皆さまもお体ご自愛なさいませ

 

 

2017年12月30日(土曜日)

お餅の事故に注意

昨日、次の記事を読みました。

おもちによる窒息死を減らすために 毎年1月は1300人の窒息死亡者

 

このブログにも何回か書いていますが、毎年1月に1300人以上の方が窒息が原因で亡くなっているとは驚きました

記事の筆者である外科医の方は、次のような見解を示しています。

残念ながらおもちがのどに詰まった段階でかなり救命は厳しいと私は考えます。もし家族の見ている目の前でおもちを詰まらせ、大急ぎで救急車を呼んでいたら、もしかしたら間に合ったかもしれません。あるいは家族がハイムリック法などの詰まりを取る方法を知っていたら間に合うかもしれませんが、見たこともない人には難しい方法であり、一般の方にはあまりおすすめ出来ません。

窒息の治療は、本当に秒単位での勝負です。完全に息が止まってしまってから5分も経っていたら、命を救うことは難しくなります。

ここからは私の印象ですが、病院に辿りついたとしても、のどに詰まったもちを除去するのは医者にとっても簡単ではありません。慣れた救急医でないと、すんなりと取り除くのは難しいと思います。ですから、たとえかなり早い段階で病院に到着しても、厳しい結果になる可能性があります。

 

上記を読み、お餅による事故の恐ろしさを痛感しました。

上記事には「65歳以上で1月の窒息による死亡者が多い」と記されていて、その理由として「嚥下(えんげ)機能が低下するため」と書かれているのですが、65歳を過ぎた私も10錠くらいの錠剤を一度に飲めなくなったことで嚥下機能の低下を実感しているので、お餅の事故は他人事ではないと感じました。

 

記事にはお餅を食べる時の注意として、次のことが書かれていました。

・人と一緒のときにだけ食べる

・小さく切ってから食べる

・急がず、ゆっくりとよく噛んでから飲み込む

 

更に、次の記載もありました。

80歳以上の高齢者と、医師から嚥下機能に問題ありと言われている人は、おもちを食べないことをおすすめします。

 

高齢の方はもちろんですが、皆さま、お餅を食べる時にはくれぐれもお気を付けください

 

2017年12月28日(木曜日)

しゃっくりを止める方法

以前、しゃっくりを止める方法の一つにお酢を飲むことを書きましたが、医師が他の方法を紹介しているページがありました。

「しゃっくりを止める方法」医学的治療VS民間療法、一発で治すことができるのは?

 

上ページでは、しゃっくりのいくつかの医学的治療法と民間療法が紹介されています。

医学的治療法については、次の記載がありました。

抗痙縮薬と呼ばれるを使用した治療が「最新のしゃっくり治療法」とされています。更に世界基準とさえ呼ばれています。

 

最新の治療法として紹介された抗痙攣薬については、筆者が次の見解を書いています。

この薬は脳血管性や脳性の痙性麻痺と呼ばれる筋肉が引きつれた状態の解消に使用されますが、副作用がふらつき・めまいから始まって悪心・嘔吐まで36.6%も出現します。つまり、10人中4人が何かの副作用を引き起こしてしまいますので、いくら医師が「これが最新の世界基準のしゃっくりを止める薬です」と言っても、患者さんは「なにもそこまでして、しゃっくりを止めなくても」と言って処方を遠慮する人が圧倒的多数になるのが目に見えています。しゃっくりの治療で世界基準を採用しない日本人は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に参加した時点で非難を受けることになりかねませんので、この論文は読まなかったことにしましょう!

 

筆者は、患者さんの立場に立って考えることができる理解のある医師のようです

 

筆者は、次の方法を推奨しています。

1:水を入れたコップを用意します。
2:そのコップを口に近づけます。
3:手前ではなく、向こう側のコップのふちに唇を当てます。
4:コップを加えながら、体を前に傾けて
5:水をそのまま吸い込むように飲み込みます

 

上記方法は、筆者(医師)によると100%近い効果があるそうですから、私もしゃっくりが出た際に試すつもりです

 

1 / 3712345...102030...最後 »

カレンダー
2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project