ホーム
2017年7月25日(火)23時53分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
  カテゴリー ‘パソコン’ のアーカイブ
1 / 2412345...1020...最後 »

2017年7月13日(木曜日)

7月のWindowsアップデート

第二水曜の昨日は、Windowsアップデートリリース日(日本時間)でしたね。

Windowsアップデートでは過去に何度もトラブルに遭っている私は、第二水曜が近づくと憂鬱になってしまうくらいトラウマ気味なので、昨日も気合を入れてPCを起動しました。

 

まずWindows7から作業を始め、無事に終了。

次にWindows10の一台目、2台目、3台目と進み、無事に完了しました。

最後にWindows8.1の機種の作業をしましたが、これも無事に終了。

 

思いのほかすんなり終了したので、念のためにいつも参考にさせていただいているページを確認したところ、Windows10の1607でトラブルが生じているようでした。

2017年7月のWindows Updateメモ

 

ウチのWindows10は3台とも1703のためか、これといったトラブルもなくアップデートを完了しています。

皆さまは作業なさいましたでしょうか。

 

2017年6月15日(木曜日)

6月のWindowsアップデート

昨日の6月14日第二水曜は、Windowsアップデートのリリース日(日本時間)でしたね。

何度も書いていますが、私の場合はアップデートでトラブルに遭う場合が多いため、リリース日が近づくと不安が生じてしまいます。

リリース当日の昨日は、不安を払拭するために気合を入れてPCを起動しました

 

まずWindows7から始め、次にWindows8.1と進みましたが、両機とも無事に完了しました。

次にWindows10の1台目、2台目、3台目と進みました。

 

Windows10では先日KB4020102で手こずった機種のみダウンロードに時間がかかったように感じましたが、3台ともトラブルなく再起動でアップデートが完了しました。

 

5台のアップデート作業が終了してから念のためにいつも参考にさせていただいてるサイトを確認したところ、思いのほかトラブルが出ているようなので驚きました。

2017年6月のWindows Updateメモ – KB4022719とKB4022726で不具合か?

 

上ページによると、私の手持ち機種には何も問題が生じなかったWindows7と8.1にもトラブルが生じたことが書かれていました。

Windows10では私の手持ち機種3台とも1703なので更新履歴を確認したところ、3台とも次の4つのプログラムが正常インストールされていたのでホッとしました。

KB4022725 Windows 10 Version 1703 の累積更新プログラム 累積 555.6 MB/差分471.7 MB

KB4022405Windows 10 Version 1703 更新プログラム 11.5 MB

KB40227302017-06 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) 20.7 MB

KB890830Windows 悪意のあるソフトウェア削除ツール 47.9 MB

 

今月のUpdateに関する限り、トラブルが生じなかった私は運が良かったのかとホッとした次第です。

皆さまは無事にアップデートを終えられたでしょうか。

 

2017年6月13日(火曜日)

KB4020102

一昨日、OSがWindows10の機種の一台の動作が変になりました。

起動後の動作が遅く、何か異変かと思い設定をクリックしたのですが開けなくなっていました。

しかたなく再起動をしたのですが、シャットダウンの画面の後、画面は暗くなっても電源ランプがいつまでも消えず、あまりに変なので長押しして電源を切りました。

 

その後、電源を入れて起動したところ、設定画面を開くことができました。

なぜ設定画面にこだわったかと言いますと、PCの動作が急に遅くなった場合、Windowsアップデートが始まっていたことを以前経験したためです。

 

設定画面から更新の履歴を見ると、何と一昨日付けのインストール失敗が10個も並んでいたのです。

それらは、すべてKB4020102のインストール失敗でした。

 

動作が遅かった原因がわかったので、更新のチェックをしてKB4020102のインストールを試みたのですが、2回実行して2回とも失敗に終わってしまいました。

これで、インストール失敗が2個増えて12個になってしまいました。

念のためにいつも参考にさせていただいているサイトを見たのですが、KB4020102に関してのトラブルは無いようでした。

 

その後、対策を考えてMicrosoftのサイトからKB4020102をダウンロードしてインストールしたところ、今度は成功しました。

 

今回のトラブルでわかったことは、Windows10の場合、バックグラウンドでWindowsアップデートが始まってもタスクトレイ等に表示が出ない上、今までのOSのようにシャットダウン時に「電源を切らないでください」というような表示が出ないということです。

 

今回、最初のシャットダウンで電源が落ちなかったのは更新が進んでいたためで、私がそれを強制終了してしまったため、更新に失敗してしまったのでしょう。

それはわかりましたが、一度ではなく10回も失敗に終わった理由は未だにわかりません

 

2017年6月5日(月曜日)

執拗な勧誘

先日、大手電話メーカーのオフィス営業部の名刺を持った男性が訪ねてきました。

「少しお時間をいただけますか」と言い、ネット環境のセキュリティーのことを話したいとのことでした。

 

私はその時忙しかったので、「あまり時間が無いので」と返答したのですが、その数日後、同じ男性が頼んでもいないのに「セキュリティー対策に関するご提案書」なるものを持って再び訪れました。

「新城薬局 御中」と表紙に書かれた提案書を出されたので、しかたなく受け取って中をペラペラとめくったところ、ランサムウェアに関する説明と被害状況などが書かれていました。

そして、「自社の対策を施せば被害が防げます」というような勧誘をされたのです。

 

その後、話を聞くうちに強引さに嫌気がさしてしまい、「今は忙しいので、後で読ませてもらいます」と言って、話の途中で早々に帰ってもらいました。

何しろ、持参した提案書も目次と内容が合わず、書かれている内容も薄く、適当にプリントアウトして表紙だけ「新城薬局御中」と付けたようなもので、話を聞いていてもランサムウェアや無線LANのことを正確に理解しているようでは無かったですし、聞いている時間が無駄に思えてしまったのです。

 

ランサムウェアは世界規模の被害をもたらしましたし、次々に出てくるPCウィルスに関しては脅威を感じていますから、詳しい説明が聞けるなら時間を割いても良かったのですが、後味の悪い勧誘でした。

また来そうなので、ランサムウェアやPCウィルスに関して、もっと勉強しておこうと思います。

次のページ等も参考になりそうです。

こんなPCがランサムウェア被害 身代金ウイルス感染経路2つと対策まとめ

 

2017年5月22日(月曜日)

Windows7が標的に!

サーバー攻撃のことですが、次の記事を読んで驚きました。

「WannaCry」感染の98%は「Windows 7」で「XP」はほぼゼロ

 

サーバー攻撃発覚当初は古いOSが攻撃されているという報道がありましたから、XPなどセキュリティーアップデートが終了したOSを使っている企業が被害を受けているとばかり思っていました。

それが、被害の98%がWindows7という状況にビックリさせられました

 

ただ、次のように記されています。

Kasperskyの調査によると、被害に遭ったユーザーのほとんどが、正規のセキュリティアップデートを適用していなかったことになる。

毎月のWindowsアップデートを怠っていたPCが狙われたということですね。

 

OS市場ではWindows7がトップだそうです。

米分析会社Net Applicationsが毎月発表している世界OS市場のバージョン別シェアでは、4月の時点でWindows 7のシェアが48.5%でトップだった。Windows XPは7.04%だ。

私もWindows7を一台使っていますが、8.1やWindows10より慣れているので使いやすいですし、企業でWindows7のシェアが多いことが理解できます。

 

WannaCryについては、次の記事が参考になりました。

「WannaCry」騒動とは何だったのか? 感染理由とその対策

 

上記事には、次のように説明されています。

通常のマルウェアは、感染させるために「メールを送りつけ、添付ファイルを利用者に“クリックさせる”」ことや、「Webサイトに不正なコンテンツを埋め込み、利用者に“クリックさせる”」ことが必要でした。

ところが、WannaCryの感染は脆弱性を利用し、利用者が何もアクションを起こすことなく感染させられることが大きな特徴です。そのため、脆弱性が残り続けている限り、感染は止まらないのです。

メールの添付ファイルを開くことが感染原因ではなく、PCの起動で感染を知るわけですから、恐ろしいですね

 

記事に書かれていますが、アップデートを怠りなく行うことが感染の予防になり、そして万が一のために定期的にバックアップを取ることが大切ということですね

 

1 / 2412345...1020...最後 »

カレンダー
2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project