ホーム
2018年11月17日(土)13時29分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
18 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...
  カテゴリー ‘HPトラブル’ のアーカイブ

2018年11月15日(木曜日)

2018年11月のWindowsアップデート

第二水曜の昨日は、Windowsアップデートリリース日(日本時間)でしたね。

 

私は体調が良くないと不安ばかり大きくなる性分で、自分の体が難儀の時のWindowsアップデートは数日前から負担を感じてしまい、一昨日から翌日の作業のことが気になって憂鬱になったりしていたため、昨朝は不安を持ってPCを起動しました。

 

まず、一番新しいWindows10のPCから作業に取り掛かったところ、予想より早くインストール後の再起動の画面になり、再起動後に履歴を確認すると、先月と同様一つのプログラム(KB4467708)が失敗後に成功となっていました。

2018/11/14 にインストールに失敗しました – 0x8024200d

 

他のWindows10の3台も全く同様で、ダウンロードとインストールは思いのほか早く終わったのですが、プログラム(KB4467708)が失敗後に成功という結果でした。

一つの機種だけ失敗であればPC側の問題とも考えるのですが、メーカーも違う機種4台とも同じ現象というのはどうなんでしょう

 

気になってネット検索したところ次のページに

月例 Microsoft Update 11月 が配信

KB4467708 が一回失敗したのちインストールされたり一回で成功することもある模様
よくわからないが気にしなくて良さそう

と記されていました。

これを読み、私の知識ではどうにもならないと観念して気にしないことにしました

 

残り1台のWindows8.1は問題なく終了したため、バックアップを取って昨日の作業は終了としました。

 

ちなみに、配信を停止していたWindows10 v1809の再配布が昨日11月14日から始まったようです。

勝手にファイル削除バグが原因で公開・配信を停止していたWindows10 v1809 October 2018 Updateですが、2018年11月14日よりISOファイルが再公開されました。

 

これについて、10月初旬に否応なしに1809にされてしまった私としては、Microsoftに振り回されている感がするばかりです

 

2018年10月4日(木曜日)

FB、またもや情報流出

昨日、ノートンに登録しているアドレス宛に次のタイトルのメールが届きました。

Facebookアカウント5,000万件流出について

 

驚いてメールを開くと、次が記されていました。

【ノートンから重要なお知らせ】データ漏洩情報:2018年9月28日金曜日、Facebook は同社ネットワークへの攻撃があり、個人情報約5,000万件が流出したと発表しました。

攻撃者は、利用者が第三者から見たページを確認する“プレビュー”という機能にある脆弱性を利用することで、Facebook 上にあるアカウントを乗っ取ることができる状態だったと言う。現在すでにこの脆弱性については修正し、司法当局へ状況の報告を行った。Facebook は同事象に起因する被害及び実際に悪用されたどうかについては把握していないとのことです。

 

メールに記されたFacebook発表の資料というリンクをクリックすると、次が記されていました。

9月25日、Facebookのエンジニアリングチームが、約5000万のアカウントに影響があるFacebookのセキュリティ脆弱性を発見しました。本件について弊社では極めて重大なことと認識しており、なにが起きたのか、そして私たちが利用者の皆様のセキュリティ保護のためどのようなアクションをとっているかにつきご報告申し上げます。

まだ調査の初期段階ですが、現時点で明確にわかっていることは、攻撃者が 「View As(特定のユーザーへのプレビュー)」 の機能(特定の人に対して利用者のプロフィールがどのように表示されているかを確認する機能)に関連するFacebookのコードの脆弱性に目をつけ利用したことです。これにより、攻撃者はFacebookのアクセストークンの情報を不正に入手し、それによってアカウントを乗っ取ることもできました。アクセストークンは、Facebookにログインし続けるためのデジタル暗号で、それがあることで利用者はパスワードを毎回入力する必要はなくなります。

 

上記に続いて脆弱性に関してはすでに修復したことが記され、次が記されていました。

影響があったと思われる約5000万のアカウントのアクセストークンをリセット、予備的措置としてさらに約4000万のアカウントもリセットいたしました。これにより約9000万人の利用者の皆様がFacebookあるいはファミリーアプリの利用にあたり再度ログインする必要があります。対象の利用者の皆様にはニュースフィードの上部に、なにが起きたのかを説明するお知らせ画面が表示されます。

 

私も自分のアカウントを確認したところ、ニュースフィードの上部には何も表示されていなかったため対象外だったとわかってホッとしましたが、FBは今年の3月にも大量の情報流出があり、「またか」という思いもあって、今まで以上に懐疑心が大きくなりました。

 

FBについてはアカウントを削除するか悩んでいることを何度か投稿していますが、私の場合は投稿や「いいね!」は全くしていないものの、FBを通じて連絡してくださる方がいらっしゃったりすることもあって、未だにアカウントを残しています。

対策としてはパスワードを何度か変更し、他では使用していないものにしていますが、今回の情報流出を知って、「そろそろ決断すべきか」と思いました。

 

FBをご利用の方では、次のページなども参考になさっていただければと思います。

5000万人が影響を受けたFacebookのデータ漏洩について知っておくべきこと

 

2018年3月30日(金曜日)

通信トラブル

ここ数日、電話回線とネット接続が断続的に途切れるという状況が発生しています。

 

そのため、皆さまからお電話をいただいた際につながらなかったり、通信不通のために当方からのメール返信が遅延してしまう可能性もあり、つながった時に慌ててメールを受送信したりするなど、落ち着かない日々です。

何よりも、当店をご利用いただく皆さまにご迷惑がかかることが申し訳なくて心苦しいです。

 

最初は原因がわからず、モデムとルーターの再起動を繰り返していたのですが、通信の管理会社のサポートに問い合わせたところ、回線のリンク切れの可能性が高いという返答でした。

サポートの担当者は一時的な障害の可能性を指摘していましたが、決定的な解決策も無いため、不安ばかりが大きくなっています。

 

皆さまが電話にてお問い合わせの際にリンク切れが発生している場合は

この電話番号は現在使われていません

という応答になってしまいますので、お手数をおかけしますがしばらく経ってからおかけ直しをお願いいたします。

また、通信不通の場合はメール返信も滞りますので、当方からの返信が遅れた際にはその旨のご理解をお願いいたします。

 

ご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

2018年2月7日(水曜日)

bing検索で(-_-;)

検索エンジンのbingをお使いの方はいらっしゃるでしょうか。

 

昨日、主人のPCのメンテナンスをしていたところ、ブラウザ設定で検索エンジンのbingが出ていたので、特に意図があったわけではないのですが、「新城薬局」で検索したところ、このHPのURLに次のような記載がありました。

あなたのIPは不正なアクセスを行うIPとして登録されています。もし必要であればサイト管理者まで連絡してください 解除予定日時 2038年01月19日 12時14分

 

私は一瞬でしたが、ギョッとしてしまいました

上記の表示に見覚えがあったためです。

それは、以前に投稿したことがありましたが、IPがブロックされた件 という出来事です。

 

「またブロックされたのか」と思い、恐る恐るURLをクリックすると、このHPが正常に表示されたので、私のIPがブロックされたわけではないことがわかり、ログインにも問題がなかったため、とりあえずはホッとしました。

それで改めて考えたところ、上記の表示はbingの巡回ロボットがこのHPにブロックされたためではないかという結論が出ました。

 

その結論に至ったのは、私は毎朝HPにログインし、prptrctorに引っかかったスパム類の中で、悪質だと思えるIPをブロックリストに登録しているので、たぶん、その中にbingの巡回ロボットが入ってしまったのではないかと思えたためです。

ブロックしたIPは解除するつもりはないのですが、検索エンジンにあまり詳しくない方がbingを使って上記を目にしたら、クリックするのを躊躇なさるのではないかと少々不安です

 

それにしても、解除予定が2038年とは先の長いことです。

ブロックの初期設定はそのままにしているので、それが20年先になっているのかもしれません

 

2018年1月19日(金曜日)

SQLインジェクション攻撃

新しい年になって間もないのに物騒な話題で申し訳ないのですが、昨日、このサイトが多数のSQLインジェクション攻撃を受けたようです。

サイトの改ざんなどは今のところ見つからないので攻撃を防御できたようですが、Protectorモジュールの画面に複数のIPから数十にわたっての次の文字を見た際にはゾッとしてしまいました。

Pattern like SQL injection found.

 

SQLインジェクション攻撃と見られるIPは可能な限り拒否設定にしたのですが、拒否したころで攻撃を防げるとは思えず、不安が募っています。

そもそも、SQLインジェクションのことも私にはよくわかっていないため、情報収集が必要と思い、いくつかのページを読みました。

SQL インジェクション攻撃とその対策

SQLインジェクションへの対策

SQLインジェクション対策について

 

いろいろ調べているうちに、やはりプログラミングの理解が必須なのだろうと感じました。

参考書を購入して読んだりもしましたが、未だに大きな壁となっています

 


カレンダー
2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project