ホーム
2017年7月25日(火)23時52分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
  カテゴリー ‘HPトラブル’ のアーカイブ
1 / 2312345...1020...最後 »

2017年6月9日(金曜日)

ssl化のこと

昨日、次の記事を目にしました。

ほぼ日ニュース システムチームからセキュリティー向上に関するお知らせです

 

ほぼ日もssl化するのですね。

来年2018年7月をめどに、すべてのページをssl化するようです。

 

私もいつかはssl化に手を付けなければという思いがあるのですが、気力と体力が伴わずに少し逃げています

ほぼ日でさえ、システムチームが1年がかりで取り組むのですから、それを一人で悩まなければと思うだけで気が重くなってしまうのです

 

でも、ホームページを続けてゆく以上は、通らなければならない関門ですよね。

まずは情報を集めることに専念して、ssl化について知識を増やすべきと自分を叱咤しました。

 

このサイトはコアサーバーを利用しているので次を確認し、

SNIを使用したSSLの設定(コアサーバー)

 

次のページ等を参考にさせていただいています。

xoopsサイトの完全ssl化

WordPressでHTTPS化してみよう!コアサーバー(バリュードメイン)の場合

 

2017年3月28日(火曜日)

通信不調

3月27日の朝から、電話及びネット回線が断続的に不安定な状態が続いています。

ネット通信は時々途切れ、お電話をいただきました際には呼び出し音が続いて繋がらないという状況が断続的に生じています。

 

お電話をおかけしただきました方々には、ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。

NTT及びYahoo!BBに連絡して状況を説明したところ、NTT回線のほうは異常なしで、確定はできないもののYBBのモデムが原因の可能性があるということで、明日にモデムを交換することになりました。

 

お急ぎの方には申し訳ございませんが、電話回線の状態が改善するまではメールにてご注文をお願いいたします。

ご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

2016年4月29日(金曜日)

今回もまた、バックグラウンド自動更新後の更新

先日、WordPressはバージョンが4.5になり、2日前にメンテナンスリリースがバックグラウンドで自動更新され、バージョンが4.5.1になったので、そろそろかと思っていたところ、今朝、ダッシュボードに以下が表示されていました。

 

毎回思うのですが、バックグラウンド自動更新の後に、同じバージョンへの更新を促される仕様に疑問を持っています。

私の場合はwp-includes/functions.phpの編集をしているので、その都度に編集の手間がかかってしまい、想定内ではあるものの少々うんざりです

 

2016年4月12日(火曜日)

携帯対応レンダラー

先日、スマホ版ホームページについて書きましたが、その制作に関しては、次のページを参考にさせていただきました。

携帯対応レンダラー

 

このホームページもスマホからアクセスしてくださる方が多くなり、上記ページがずいぶん前から気になっていたのですが、私の知識では理解できない箇所が多々あって、今までスマホ版に手をつけることを躊躇していました。

先日、再度上記ページを読み、チャレンジしようと決めて実行したところ、初期設定までは思いのほかスムーズに進みました。

その後、いくつかの項目を設定して先日の紹介に至ったのですが、まだ手を入れたい箇所がいくつかあって勉強中です。

 

スマホ版ホームページが公開まで至ってホッとした半面、一つストレスが増えてしまいました。

携帯対応レンダラーはセキュリティーモジュールのProtectorと連携しているためか、このところProtectorによる拒否IPが異常なほど増え続けているのです。

// Protector 併用設定 (Protector の拒否IP登録の保護グループ設定も有効)
$this->post_spam_badip_ttl = 900; // アクセス拒否の拒否継続時間[Sec](0:無期限,null:Protector不使用)
$this->post_spam_badip_forever = 200; // 無期限アクセス拒否閾値
$this->post_spam_badip_ttl0 = 2592000; // 無期限アクセス拒否継続時間[Sec](0:本当に無期限)

 

攻撃と見られるそれらのIPは、携帯レンダラー導入後はメールで通知が来る設定にしたので、1日に数通(一通に数IP記載されています)届くメールに、こんなに攻撃されているのかという恐怖感を覚えるようになってしまいました。

メールで知らせる機能をオフにしたほうが恐怖感が薄らぐかもしれませんが、Protectorモジュールに記録される拒否IPは毎朝確認する習慣になっていますし、見て見ないふりもできないので、何とか耐えるしかないと自分に言い聞かせています

 

2016年3月24日(木曜日)

PHP7にする意義

昨日、このサイトがPHP7に対応したことを書きましたが、私がバージョンアップに拘るのは、PHPのサポートに関係があります。

PHPは数年ごとにバージョンアップされていますが、それと同時に古いバージョンのサポートが終了しているのです。

 

ちなみに、PHPのサポート期限のことは以前も書きましたが、PHP – Wikipedia, the free encyclopediaに詳しく書かれていて、次のようになっています。

•7.0: 2018年12月
•5.6: 2017年8月
•5.5: 2016年6月
•5.4: 2015年9月
•5.3: 2014年8月
•5.2: 2011年1月
•5.1: 2006年8月
•5.0: 2005年9月
•4.4: 2008年8月

 

私は新しい物好きではなく、むしろ問題が無ければ古い物でも直して使いたいほうなのですが、新しいバージョンのPHPに拘るのは、サポート期限を過ぎたPHPを使用していると、脆弱性に付け込まれる可能性があるためです。

下のページは2年前の記事ですが、サポート期限を過ぎたPHPを使用しているサイトはおそらく今でも多いのではないでしょうか。

サポート終了後のPHPを使用しているWebサイトは8割 – IPA

 

上記事によると、改竄されたWEBサイトの報告で、PHPバージョンの調査をしたところ、PHPの80%はサポートが終了したバージョンが使用されている可能性が高いことがわかったと書かれています。

また、改竄されたWEBサイトの閲覧者にもウィルス感染が生じていると書かれています。

私が恐れているのは、このことなのです

 

上記事には、新しいバージョンに移行できない理由についても書かれています。

旧バージョンが使用され続ける理由には、「最新バージョンに移行すると旧バージョンで作成したWebアプリケーションが動かなくなる互換性の問題」「開発時の担当者が既に不在、対応・運用手順書もなく最新バージョンへ移行ができないという、工数・人材・技術継承など運用管理上の問題」がある。

 

この問題は私も痛感させられますが、そうかと言って閲覧してくださった方がウィルス感染してしまうようなご迷惑は絶対に避けたいので、私の頭が新しいバージョンに付いて行けなくなった時にはホームページは閉鎖するか、またはPHPを使用せずにもっと簡単なサイトに変更するかだと考えています。

それまでは、皆さまにご迷惑おかけしないよう、今後も、使用しているPHPおよびソフトなども最新の物にすることを心がけたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします

 

1 / 2312345...1020...最後 »

カレンダー
2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project