ホーム
2017年6月26日(月)11時04分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
  カテゴリー ‘孫’ のアーカイブ
1 / 1012345...10...最後 »

2017年6月20日(火曜日)

白いアジサイの花

先日、白いアジサイを載せましたが、昨年も写した場所に今年も白いアジサイが咲いていました。

2017/ 6/19 4:56

 

昨年のアジサイが載った投稿を読み、娘のお産が近づいて落ち着かない日々だったことを思い出しました。

投稿から4日後に生まれた孫は、先日1歳になりました。

自我が芽生えてやんちゃになった孫に振り回されながら、無事に成長していることに感謝する日々です

 

2017年6月6日(火曜日)

孫と二人の日曜日

一昨日の日曜日、娘は友人の披露宴のために出かけ、婿は仕事、主人は薬剤師会の催しの手伝いで出かけ、唯一残った私が孫の子守係となりました。

 

主人と婿は夜まで不在、娘は会場が新宿でしたが、披露宴開始が11時半、往復の時間と披露宴の時間を考えて、帰宅は午後4時くらいを予想していたので、7時間くらいは孫と二人で過ごすことになるという覚悟を決めて臨みました

 

一歳前後の幼児をご存知の方はご理解いただけると思いますが、まだ歩けなくても伝い歩きやハイハイをしながら動き、何でも口に入れてしまうので目が離せないのです。

もう大人と同じくらいの視力になっているのでしょう。

1ミリくらいの物も目ざとく見つけて口に入れてしまいます。

そのような状況なので、↑に「覚悟」と書きましたが、二人きりの時間は私にとって覚悟が必要だったのです。

 

孫と二人の時間を、次のように過ごしました。

娘が10時前に出かけたので、その後30分くらいおもちゃで遊ばせてからベビーカーに乗せて公園に行きました。

公園では、幼稚園児くらいの年齢の子たちが多く遊んでいました。

日曜のためか、お母さんではなくお父さんと来ている子たちが多かったです。

公園でしばらく過ごしてから帰宅し、少し遊んでいるうちに寝てしまいました。

 

30分くらい寝て起きたので、お昼ご飯。

ご飯は娘が用意していたのを食べさせました。

 

食後はお決まりのウンチタイム

その後おもちゃで少し遊んでから、午前とは違う公園へ出かけました。

 

午前の公園でもそうでしたが、小さい子たちが遊んでいるのを孫は目をまん丸にしながら見ていました。

こういう時、孫は遊んでいる子たちより自分が小さいというのをわかっているのだろうか、と私は疑問に思うのですが、たぶんわかっていないだろうという結論にいつも落ち着きます

 

公園から帰宅後、少し遊ぶうちに眠くなったのか寝てしまいました。

遊び疲れたのか1時間くらい寝て、寝ているうちに娘が帰宅しました。

 

私にとって、孫と二人きりの7時間は今までで最長でした。

翌朝となった昨朝、空を見上げながら、前日が事故もなく無事に過ぎたことを感謝しました。

2017/ 6/ 5 6:56

 

重くなった孫を片手で抱きかかえ、ベビーカーをもう片方の手で開いたり閉じたりを何度か繰り返したためか、両腕が筋肉痛です

 

2017年5月25日(木曜日)

赤ちゃん

娘が小さいころのことは今思うと必死だったのか、大変だったという思い出はないのですが、娘の育児は、乳児を育てる大変さと今の期間しか味わうことができない可愛さを客観的に感じされてくれています。

 

昨日、次の記事を読み、育児中のお母さんに知ってほしいと感じました。

「6ヵ月の自分の子供が嫌いになりそうです…」悩める母親を救った”回答”が話題に

 

記事には、育児に疲れたお母さんが OKWaveに投稿したことがきっかけで、その投稿に対してのベストアンサーが話題になっていることが書かれています。

育児に追われているお母さんたちは、自分の時間も持てず、泣く我が子に振り回されて苛立つこともあると思います。

孫を見ていると、幼いなりに考えてわかっていることを感じるので、ベストアンサーはまさに「赤ちゃんの気持ち」だと思いました。

 

次が質問者が選んだベストアンサーです。

ママごめんね。
おっぱいのむのヘタでごめんなさい。
泣き虫でごめんなさい。
お昼寝ちゃんとしないでごめんなさい。

わたしママが好きなの。
だからずっと起きていたいの。
ママを見ていたいのずっと。

パパはたまにしか抱っこしてくれないから、
また抱っこしてくれるように笑ってあげないとね。

ママといたら甘えて
いつもグズグズになって
ママが困ってるのわかるけど
ママがかまってくれるのがうれしいの。
ママとずっと一緒にいたいの。
わたし、ママをひとりじめしたいの。

他のママじゃいや。
わたしはママが世界で一番好き。
わたしのママは世界一優しい。

わたしがもっとお姉さんになったら
ママとおそろいのワンピースを着ておでかけするの。

わたしがおとなになったら
ママと親友みたいになるの。

ママより背が高くなったら
ママをおんぶしたいの。

今は他の赤ちゃんよりたいへんでごめんね。
でも、わたし、ママしかいやだったの。
わたしね、ママをえらんできたの。

ママ、わたしはまだしゃべれないけれど
いつも目や手でママを大好きと言ってるの。

ママ、大好き。
ママ、大好き。
ママ、産んでくれて、ありがとう。
いっしょうけんめい育ててくれて、
ありがとう。

 

2017年5月9日(火曜日)

伝い歩き

昨年生まれた孫は、明日で生後11か月を迎えます。

なかなかハイハイをしないと思っていたら、ある日急にできるようになって、それからは素早い動きに目が離せなくなってしまいました。

 

我が家では娘が店で働いており、保育園に入っていない孫を連れてきますので、娘はもちろん、主人と私の手が空いている誰かが子守をしなければならず、ハイハイが始まって素早く動くようになった孫のため、リビングにゲート(フェンスのようなもの)を設置しました。

2017/ 5/ 8 5:44

 

主人が一昨日に設置し、1日目は怖がって中に入るのがやっとでしたが、昨日の午前中にはフェンスにつかまって立ち上がることができるようになり、午後には何とフェンスの中を伝い歩きするようになってしまいました。

伝い歩きを一番最初に確認したのが私だったのですが、あれよあれよという間の展開にビックリでした

 

娘が動画を撮って仕事で不在の婿に送っていましたが、「初めての伝い歩きの場にいなかったことを婿はきっと残念に思うだろう」と考えながら娘が動画を撮る様子を眺めていました

 

2017年4月23日(日曜日)

卵白アレルギー

一昨日のこと、午後2時近くに孫をベビーカーに乗せた主人が「首の辺りが真っ赤だぞ」と言い出しました。

急いで確認すると、首の辺りと目の上、そして手の平が真っ赤になっていました。

 

娘に話を聞くと、お昼に初めて全卵の卵焼きを少し食べさせたとのことでした。

卵の黄身は何度か食べさせていたので、全卵も大丈夫だと思ったようです。

 

お腹や背中も確認すると赤くなっていて、機嫌はよかったのですが念のためにかかりつけ小児科に電話させたところ、運悪く休診でした。

しかたなく近隣の小児科を探し、午後の診察が始まる3時を待って娘と孫を行かせました。

 

発疹に気づいたのが午後2時少し前、様子を見ていて一番症状(主に赤み)が強かったのが2時半くらいで、受診のために出かける時間には症状も治まってきていました。

 

クリニックから帰宅した娘の話では、クリニックでの待ち時間の間に症状はほとんど消え、いざ診察の時には「こことここが赤くなって」というように治まった場所を言って説明するしかなく、薬も処方されずに「とりあえずしばらくは卵を控えて」というアドバイスだけ受けたとのことでした。

 

娘はアレルギーを起こしたことがなく成長したので、孫のアレルギー症状には慌ててしまいましたが、その後も翌日の昨日も元気にしていたので、症状が軽かったことに安堵しています。

 

孫は生後10か月と10日経っていますが、卵白はまだ早かったのでしょう。

個人差もあるでしょうから、娘にはあせらず離乳食を進めるように話しました。

 

1 / 1012345...10...最後 »

カレンダー
2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project