ホーム
2017年8月21日(月)17時21分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
  2017年5月4日の日別アーカイブ

2017年5月4日(木曜日)

見たくなかった光景

毎朝のウォーキング時に、時々出会う体格の良い青年がいます。

 

私が歩き始めるのは午前5時前なので人通りも少なく、少ないながらも出会う人のほとんどは駅の方へ向かう人です。

時折、駅とは反対方向へ行く人とすれ違いますが、その人たちは勤務明けで帰宅途中なのだと思います。

それと、これも時折出会うのはペットのお散歩の人たちです。

 

早朝のため出会う人も少なく、歩いている意図(?)が明確な人ばかりなので、変な動きをする人が目立ちます。

冒頭に書いた青年を最初に見たときは、あちらこちらに立ち寄っている様子が遠くからでもわかったので、何をしているのかと思いました。

その青年の様子が確認できる近さになってわかったのですが、自動販売機の釣銭入れに手を入れていたのでした。

私はその青年と何度も出会っているのですが、悪びれる様子もなく、毎回同じことをしています。

 

昨日の朝、その青年と同じことをしている人を見かけてしまいました。

昨日の朝はいつもより早く家を出たので、周囲は薄暗かったのですが、不審な動きは遠くからでもわかりました。

その人は、私が徐々に近づいていたのに気づかなかったようです。

私は真っすぐ歩いていきますが、あちらはあちこち寄っているので徐々に間隔が狭まり、間隔が5メートル以内になったとき、私に初めて気づいたようで、慌てて足早に立ち去りました。

5メートル以内に近づいて私もわかったのですが、その人は私より年上と思える女性だったのです。

 

私はいつも同じルートを歩くのですが、その女性とは初めて出会いました。

60代後半か70代前半くらいに見えたその女性の行為には、いつもの青年の何倍もの重苦しさを感じてしまい、見たくなかったと思わずにはいられませんでした

 


カレンダー
2017年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project