ホーム
2017年9月21日(木)15時46分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
  2017年9月1日の日別アーカイブ

2017年9月1日(金曜日)

認知症への理解

私の母も主人の母も認知症を患ったため、その経過や家族の苦悩を体験したことで、このブログにも認知症に関する投稿を何度かしていますが、昨日は次の記事が目に留まりました。

VR使い認知症を疑似体験…症状を理解

 

記事には、次のように書かれていました。

認知症を「仮想現実(VR)」の技術を使って疑似体験する会合が20日、水戸市で開かれた。住民や介護関係者が幻覚や記憶障害といった症状に理解を深め、地域で支え合おうと、水戸市南部第一高齢者支援センターが主催した。

 

認知症の初期は、まだ正常な時間も多いですから、忘れることに対しての不安を感じるようです。

義母も実家の母もすでに亡くなりましたが、発症の初期は、正常な時間帯に戻ると、抜け落ちてしまった時間帯に自分が何をしていたのかと不安に思っている様子で、それを感じるのが家族として辛かった記憶があります。

 

多くの方は認知症など関係ないとお思いかもしれませんが、高齢になれば脳血管の動脈硬化が進み、年齢と共に発症の確率が高くなるのです。

認知症ナビには、次の記載がありました。

年齢別に認知症の人の割合をみると、65〜69歳では1.5%ですが、年齢が5歳上がるごとに約2倍になっていることがわかります。85歳以上では約4人に1人が認知症であるとされています。

 

私も機会があれば、上記事のVR(コンピューターで作り出された架空の世界や遠く離れた現実の場所が、目の前にあるように感じられる仕組み。)を体験してみたいです。

 


カレンダー
2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project