ホーム
2017年9月21日(木)15時43分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
  2017年9月8日の日別アーカイブ

2017年9月8日(金曜日)

宅配ボックス

多くのマンションには宅配ボックスが設置されていても、一戸建ての場合はそうではないケースがほとんどだと思います。

その宅配ボックスのことで、次の記事が再び目に留まりました。

宅配ボックスで再配達率が49%→8%に、パナが実験 一方「使えない」不満も……

 

記事には、次の試みによる結果が記されています。

福井県あわら市在住で共働きの106世帯に一戸建て用宅配ボックス「COMBO」を設置し、昨年12月に実験をスタート。配送先が不在でも、宅配業者が荷物をボックスに入れて施錠し、伝票に押印できるようにした

 

上記事は6月にアップされていたので、私もその際に読んだため「再び目に留まりました」と書きましたが、実は今、10月から値上がりするヤマト運輸の運賃のことで、宅急便営業所のセンター長と運賃の交渉中なのです。

ヤマト運輸のことは様々なニュースで取り上げられましたからご存じの方も多くいらっしゃると思いますが、その解決のために6月19日から配達時間枠の変更があり、10月1日からは運賃が値上げされることになっています。

その値上がりする運賃のことで、当店をご利用いただく皆さまのためにできる限り最小限の値上がりに抑えてももらうため、7月から何度かの交渉を繰り返しています。

 

運賃はできる限り抑えてもらいたいと思う反面、受け取る方が不在の時に何度も再配達をしてくださるヤマト運輸の配達員の方たちの苦労も察せられるので、上記事に再び目が留まりました。

 

記事の文末に

実験に協力したあわら市は、全国に先駆け、宅配ボックスの設置費用の一部を助成する制度を創設する考え。

と記されていますが、もっと早くから多くの地域で宅配ボックス設置費用の助成制度が設けられていれば、再配達も減って配達員さんたちの手間も少しは軽減されていたでしょうから、運賃の値上がり幅も少なくて済んだのではないかと考えてしまいました

 


カレンダー
2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project