ホーム
2017年11月19日(日)21時32分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
  2017年11月1日の日別アーカイブ

2017年11月1日(水曜日)

とりわけ禁止

小食の私のような者は、とりわけ禁止のお店には入れません。

世知辛すぎる! 「シェア禁止」を掲げるラーメン店の勘違

 

あるラーメン店での出来事、両親+2歳児の3人でラーメン屋に入り、2杯頼んで2歳児に取り分けようとしたら店主に叱られたという話ですが、記事には次の説明が書かれていました。

1. 夫は大盛り(大盛り有料)、妻は並盛りを注文。
2. 頼んだら、子どもへの取り分け用の茶碗とフォークなどは出してくれた。
3. 取り分けようとしたら「取り分けるために大盛り注文しないでよ!」と店主に怒鳴られた。
(4. ちなみに取り分け元は夫の大盛りではなく妻の並盛りから)

 

そもそも、とりわけ用の茶碗とフォークなどを出しておきながら、店主がなぜ怒鳴ったかが理解できません。

記事の筆者も次のように書いています。

この話は、銭湯に来て裸で浴室に入ろうとしたら、番台から「水着を着ろよ!」と怒鳴られたとか、もしくは市民プールに来て、水着を着てプールに入ろうとしたらプール監視員に「脱衣所でちゃんと脱いでこいよ!」と怒鳴られたというような話で、社会の共通認識の基盤が崩壊したのかと思うくらいアレな話です。

 

記事の筆者が利用していた店では、

替え玉込みの一杯を数人でシェアし、席を専有する

ということへの対策としてシェア禁止になったと書かれていますが、次の文面が心に残りました。

店の立場もわかります。先のように「替え玉込みの一杯を数人でシェアし、席を専有する」という人もいる以上、店にも何らかの対策が必要なのでしょう。傍若無人に振る舞う「神のごとき客」への対応に苦慮した揚げ句、本来必要のなかったルールが設定されてしまう。この社会からもう『一杯のかけそば』のような物語は生まれてこないのかもしれません。

 


カレンダー
2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project