ホーム
2017年11月19日(日)21時32分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
  2017年11月14日の日別アーカイブ

2017年11月14日(火曜日)

ガンを看取る

昨日、すい臓ガンの知識という投稿をしましたが、投稿後に次の記事を見つけて読みました。

あなたもがんをみとる=死に直面する厳しさ

 

上記事は、末期がん患者と家族を待ち受ける厳しい現実と、それらをどう受け止めるべきかということを医師や看護師の言葉と共に記したものです。

 

「どんなに緩和ケアの技術が進んでも、最期を迎える直前の数週間から数日は、どうしても厳しい状態に陥る」

 

そのような状況になってしまった際、何が大切なのかを上記事に登場する東邦大学医療センター大森病院(東京都大田区)緩和ケアセンター長の大津秀一医師は次のように述べています。

このような状態は死を迎えるまでのごくありふれたプロセスです。事前に主治医や訪問診療医から家族に説明することが大切になります

 

その前提には、

「自分には有効な治療法が無く、死を待っている状態だ」という現実を患者や家族が受け止める必要がある。

とのことです。

 

私も「死」を間近に感じるほどの状況に陥ったことがあり、「死」を受け入れるのは容易いことではないとわかっているので、上記事を読んで考えさせられました。

2人に1人ががんを患い、4人に1人ががんで亡くなるともいわれている。

ということですから、自分には関係ないとお思いの方も、上記事をご一読なさっていただければと思います。

 


カレンダー
2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project