ホーム
2018年9月21日(金)5時13分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
  2018年4月9日の日別アーカイブ

2018年4月9日(月曜日)

Facebook診断アプリに注意

先日、Facebookの個人情報という投稿をしましたが、関連する次の記事が目に留まりました。

Facebook診断アプリに注意 情報流出の被害、友達にも 対策は

 

上記事の冒頭に次が書かれていました。

先日、Facebookをめぐる少々深刻な事件が話題になりました。ざっくり解説すると、性格診断アプリをFacebook上で使ったユーザーおよびユーザーの友人を含む5000万人もの個人情報を、Facebook開発者のポリシーに違反し不正に利用した、というものです。その個人データを元に、個人の嗜好に合わせて作られた“フェイクニュース”が、2016年の米国大統領選に影響を与えた、とも考えられています。

 

また、少し置いて次が書かれていました。

個人的にも今回大きなことだと思っているのは、この事件が性格診断から始まっていることです。そもそもは13年にリリースされた性格診断アプリの利用許諾にOKした人の情報が収集されていることがきっかけで、その数は27万人だったとされています

ところが、このアプリはその27万人の友人の情報も収集していました。その総数は5000万人。もちろん、27万人は利用許諾にOKを出しているものの、その友人は許諾などしていません。ただし、このアプリがリリースされた13年においては、Facebook開発者の規約上、そのようなことも合法的に可能でした。

 

私はFacebookのアプリは使用しない主義なので、その性格診断アプリに登録していないのですが、私のタイムラインには何人かの友人がアプリを使用して性格診断した結果が掲載されていましたから、その友人つながりで私の個人情報も流出したかもしれません。

利用されたのが2016年の米国大統領選ということなので、日本人の個人情報は利用価値がなかったのかもしれませんが、27万人からのつながりが5000万人にまで膨らむことを思うと、改めてSNSの恐ろしさを思い知らされた感は拭えません。

 

上記事には、次のようにも書かれていました。

SNSにおける発言や、いいね情報も、行動の履歴の1つといえるでしょう。それが集まれば、あなたにぴったり合った広告が打てるかもしれません。ぴったり合った、つまり「あなたをコントロールできる」情報を、的確なタイミングで表示できるということ。これはちょっと、気持ち悪いですね。

もはやマインドコントロールに近いそれは、フェイクニュースという形であなたのタイムラインに入り込んできます。もはや、そのようなカスタマイズは簡単にできる土台があると考えるべきかもしれません。日々、その種になるようなものを、私たち自身がまいているわけですから。

 

記事は次の文面で終わっていますが、前の投稿に書きましたように、自身のSNSアカウントを削除するかどうか気持ちが揺れています。

今回の事件は、ズバリとした解決作はありません。そのため、まずはSNSの行動がどのように自分へ返ってくる可能性があるのか、自覚することが必要だと思います。そのための第一歩として、まずは「自分がこれまでFacebookに渡した情報」を把握することも面白いでしょう。下記のページから、あなたが過去に投稿した情報、そして無意識に渡している情報をダウンロードできます。これを見ると、今回の事件の問題がきっちり腹に落ちるのではないでしょうか。

 

ちなみに、情報を不正取得された利用者は最大で8700万人に上るという報道もありました。

不正取得は米国内の人々が中心のようですが、これだけの人数の情報が不正取得されてしまうという事態に、SNSの恐ろしさが更に強くなっています。

FB利用者情報流出、8700万人規模に 当初推定から大幅増

 

そして次の報道もありました。

日本で10万人の情報流出か 不正利用問題でフェイスブック

全利用者21億人に悪用リスク フェイスブック情報流出

 


カレンダー
2018年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
メインメニュー
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project