ホーム
2018年7月18日(水)6時25分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
  2018年6月の月別アーカイブ
1 / 612345...最後 »

2018年6月30日(土曜日)

梅雨明け!

昨日、関東甲信地方の梅雨明けが発表されましたね。

2018年(平成30年) 梅雨入り・梅雨明けの状況 によると、関東甲信地方の昨年の梅雨明けは7月6日ごろですから、それよりも早かったのですね。

 

6月中の梅雨明けは初めてだそうです。

6月中の梅雨明けは初めて

 

今年は例年よりアジサイの花を見る機会が少なく、先日のウォーキング時に「もうアジサイの季節も終わりだな」と思いながら、目に留まった↓のコエビソウを写しました。

2018/ 6/28 5:08

 

コエビソウの正式名はベロペロネですが、以前の投稿時に予測したとおり、私にはコエビソウとしか記憶に残っていませんでした

 

急に暑くなってしまったため、暑さに慣れていない体には負担も大きいですから、皆さま、体調管理にはくれぐれもお気を付けください。

 

2018年6月29日(金曜日)

今月二回目のアップデート

昨日の朝、いつものようにPCを起動して作業を始めたところ、思いのほか重く感じました。

気になって更新を確認したところ、今月2回目のリリースが表示されたため、重かったのは別の原因かとは思いましたが、とりあえずアップデートすることにしました。

 

「今月2回目?」と思いながらネット検索したところ、6月27日付けのリリースがあったようです。

2018年6月の Windows Update メモ

Windows 10 バージョン 1803 ・・・ KB4284848

 

Windows10以外のWindows8.1とWindows7にもオプション設定でしたが更新が来ていたので、それらもとりあえずアップデートしました。

 

アップデート作業では大きなトラブルはありませんでしたが、Windows10の2台が再起動後に起動せず真っ暗な状態が続くという現象が生じました。

一瞬ドキッとしましたが、以前と同じ現象かと判断して同じ作業をしたところ、復活しました。

これって何なのでしょう

復活後は正常に稼働するので以前も原因の追究はしませんでしたが、何が問題なのかが気になるところです。

 

2018年6月28日(木曜日)

J-SHIS Map

昨日も地震関連の投稿をしましたが、このところは関東地方に地震が多いですね。

 

特に千葉県では多発しているようです。これは次の影響なのでしょうか。

防災科学技術研究所が6月11日に発表したプレスリリースより

国立研究開発法人 防災科学技術研究所は、房総半島沖において地震が群発的に発生し、これと同期して通常とは異なる地殻変動があることを検出しました。この地震活動・地殻変動の原因となっているのは、房総半島沖において約2-6年間隔で繰り返してきた「スロー地震」と推定されます。

 

一昨日の夜も就寝前にTVのスイッチを入れたところ、30分以内に2回も地震速報が流れました。

私の住む地域は、30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率が高いです。

地震ハザードステーションのJ-SHIS Mapで見ると、確率が高い濃い色になっていました

J-SHIS Map

 

昨日は地震の不安に加え、朝から強風が吹き荒れて、ウォーキング時も不安を抱えながら歩きました。

空を見上げると西の空は青空が見え、東の空は真っ暗でした。

気分が上がるように西の青空を写してみましたが、帰宅後も強風は収まらず、唸るような音が不気味でした。

2018/ 6/27 4:55

 

↑を写しながら、、平穏な日々が続くことを祈りました。

 

2018年6月27日(水曜日)

ブロック塀

昨日、朝日新聞DIGITALの社説が目に留まりました。

ブロック塀倒壊 「人災」をなくすために

 

ブロック塀の倒壊は、まさに人災だと私も痛感しています。

大阪北部地震の発生から1週間が過ぎた。被災地の生活が落ち着きを取り戻していく一方で、さまざまな教訓が指摘されているが、なかでも2人が犠牲になったブロック塀の倒壊事故が注目されている。

 

また、次が記されていました。

ブロック塀などの倒壊による死者は、18人が犠牲になった宮城県沖地震(1978年)のほか阪神・淡路(95年)、福岡沖(05年)、熊本(16年)の各地震でも生じた。特に宮城県沖地震は、ブロック塀に関する規制強化のきっかけになった。

 

しかしながら、上社説の文面にもあるように「規制が厳しくなっても放置された」のです。

そして、私の懸念は次のことです。

塀の所有者は学校や自治体に限らない

 

実際のところ、私の毎朝のウォーキングルートには、表通りから一歩入ったところに多くの地主さんたちのお宅があり、古くからのお宅の8割はブロック塀で、2割が生垣です。

 

毎朝、それらのブロック塀を気にしながらウォーキングを続けているのですが、ブロック塀から離れて歩こうとしても無理なのが、歩道がない部分の車道との境にガードレールが設置され、ガードレールとブロック塀の間が1メートルもない場所があり、15メートルくらい続くその場所を通る際には「地震が来たらどうなるか」と思うことが多々あります。

そこにあるブロック塀は私の身長と同じくらいで、ブロック塀の所有者はお寺なのです。

 

先日、TVを見ていたら、品川区のブロック塀撤去助成金のことが取り上げられていて、ブロック塀の所有者は個人の方でしたが、助成金を使って生垣にした事例が紹介されていました。

助成金を使ってブロック塀を撤去した人は、インタビューに答えて「事故の不安が無くなってホッとしました」と言っていました。

 

今回の事故により、学校や自治体などではブロック塀の危険性に対しての認識が高まったようには思いますが、まだそれが個人宅にまで及んでいないように思います。

ブロック塀を設置している個人の方たちにも、事故が起きてからでは遅いということを強く認識してほしいと願うばかりです。

 

2018年6月26日(火曜日)

アガパンサス

↓の花は今月中旬に写したのですが、名称がわからず、わかったら載せようと思っていたものが、昨日「アガパンサス」という名称だと知りました。

2018/ 6/14 4:49

 

上のアガパンサスは毎朝のウォーキングルートに咲いていて、見るたびに「何という花だろう」と気になっていました。

昨日、やっと名称がわかり、胸の痞えが除かれたような思いがしています

 

アガパンサス のページには、次のように書かれていました。

和名は「ムラサキクンシラン(紫君子蘭)」と言いますが、この名前で呼ばれることはまずありません。クンシランは縁もゆかりもない別属の植物で、外見の特徴から付けられた和名のようです。クンシランに姿が似て紫色の花を咲かせるという意味でしょう。派手さはないですが、曇天の梅雨空に冴えた色を演出してくれます 。属名でもあるアガパンサスはギリシア語のアガベ(愛)とアンサス(花)の2語からなり、「愛の花」という意味です。

 

上記のように派手さはないですが、梅雨空に似合う花だと私も思います

 

1 / 612345...最後 »

カレンダー
2018年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
メインメニュー
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project