ホーム
2018年8月19日(日)8時46分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
  2018年6月6日の日別アーカイブ

2018年6月6日(水曜日)

学校はどうだった?

新一年生も学校に慣れたころでしょうか。

 

昨日は偶然に次の記事を読み、考えさせられるところがありました。

「学校どうだった?」と子どもに聞いてはいけないワケ

 

記事の冒頭に次が書かれていました。

小学校に入ると、子どもの普段の学校生活を知る機会は参観日くらいしかなくなります。学校は楽しいのかな、お友達はできたかな、誰とどんなことをして遊んでいるのかな、と気になるけれど、子どもに聞いてみても、たいした答えが返ってこない。そんなことはありませんか。

 

娘が小学校に入ったころ、私は体調を崩していて心身共に余裕がない時期でした。

話好きの娘は、学校から帰ると話を聞いてもらいたくて、「あのね、○○ちゃんがね」と毎日のように話し出すのですが、私は聞き役から逃げることが多く、義母が聞き役になってくれていました。

 

義母は娘から聞いたことを私に話してくれたので、私も学校での娘の様子を知ることができました。

我が家の場合は娘が自分から話すタイプでしたから、上記事を読んで、多くのお子さんは話さないのかなと不思議な思いを感じました。

 

娘はそのような状態でしたが、孫が保育園に行くようになり、保育園でどのような様子なのか知りたいと思うことが多々あります。

ただ、孫はまだ少しの単語しか話さないため、様子を聞くことはできないのですが、それでも「今日は誰と遊んだの?」と聞いてしまうこともあるので、上記事にはハッとさせられた点がいくつかありました。

孫がもう少し話せるようになったら、「保育園どうだった?」と聞いてしまうかも、とも思いました。

 

記事は次の文面で終わっていましたが、幼い子への問いかけも言葉を選ぶ必要がありますね。

皆さまの中にも何かを感じた方がいらっしゃるでしょうか。

学校のことを話すのを嫌がるようであれば、「きょう一番楽しかったことと、一番つまらなかったことを教えて?」という質問に変えてもいいですね。せっかくですから、親も一緒に、自分の1日を振り返って、その時の気持ちを交えながら子どもに話してみましょう。親の話し方がお手本になり、話すことのハードルが下がってくることでしょう。

 

 


カレンダー
2018年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
メインメニュー
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project