ホーム
2018年7月18日(水)6時05分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
  2018年7月13日の日別アーカイブ

2018年7月13日(金曜日)

段ボールベッド

豪雨によって甚大な被害を受けた西日本の各地域では、避難所生活を強いられていらっしゃる方々が多くいらっしゃいますね。

その避難所では、プライバシーも守られず、雑魚寝状態のところも多いようです。

 

そのような避難所に対して、段ボールベッドの提案をした方がいらっしゃったそうです。

その段ボールベッドは4年前の広島土砂災害の時にも使用したそうですが、段ボールベッドを使った人たちは使わなかった人たちに比べて血栓を生じたケースが1/3だったという結果を説明したのも関わらず、避難所の責任者から段ボールベッドの使用は拒否されたという投稿がFacebookに載っていました。

 

拒否の理由は費用もかかることと、市町村に仕組みがないことなどのようですが、避難所生活が長引けばエコノミークラス症候群へのリスクも高まることを思うと、投稿を読みながら残念な思いが大きく広がりました。

 

上記の後、Facebookに次の投稿がありました。

多くの方の尽力で、一転して倉敷市が避難者全員を対象に、段ボールベッドを導入する事を決めました。

県の防災協定を根拠に発動。近隣の大手段ボール会社が担当して今週末に搬入。理学療法士会災害派遣チームとの本格的な連携も初めて行います。

行政からの全員を対象にしたベッドの要請は、避難所史上初めての事だと思います。
避難所の景色を変えたい!と、取り組んできましたが良き前例になりました。

これで避難されている方が、少しはゆっくり寝れるかもしれません。

 

行政が動いてくれたようで、少しホッとしました。

↑の投稿をなさった方のように被災者を思い、陰で尽力を続けてくださっている方々には頭が下がる思いがしています。

 

追記:7月13日13時53分付けで、次の記事が報道されていました

避難所生活、脱「雑魚寝」 段ボールベッドの導入進む

 

 


カレンダー
2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
メインメニュー
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project