片手挿管

鍼の実技で片手挿管の練習をしています。 片手挿管とは片手で鍼を鍼管に入れる方法なのですが、 初めての場合はコツがつかめず、なかなか思うようにできません。

私の場合は利き手の親指が腱鞘炎でバネ指ですから、 先日の授業で片手挿管の第一段階の「鍼落とし」の練習をしただけで痛みが増してしまい、 鍼をつかむことすら難儀になってしまいました(>_<)

実技を教えてくださっているTY先生に、 親指をできるだけ使わないで他の指を「てこの原理」で動かすという方法を アドバイスしていただいたのですが、 どうしても親指に力が入って痛みが出てしまい、 それまでは使わない場合は痛みが治まっていたのですが、 何もしなくても痛むようになってしまいました。

それで考えた末、左手で練習することにしました。

今まで利き手だけを頼りにしていたので左手の感覚がうまくつかめないのですが、 先輩にもくらいついていくようにとアドバイスをいただいたので、 がんばるしかないと思っています。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメント 3 件

クリ助 より:

はじめまして、私は開業鍼灸師です。鍼灸関連のブログを読んでいたら、たまたまこのページにやってきました。
片手挿管を練習していた頃がとても懐かしいです。
片手挿管、カッコよく決めて下さい♪私の片手挿管もよろしければ参考にしてください。過去にアップした動画がありますので…(お恥ずかしいものですが)。その記事からトラックバックさせていただきました。

鍼灸vsマジック

鍼灸師に必要な技術って何だろう…
上手に人間関係を築くのも、技術と言えば技術ですよね。
問診にも技術が不可欠です。必要な情報を短時間で的確に聞き出…

しんちゃん より:

クリ助さま、コメントとTBをありがとうございます。
鍼灸師の先輩でいらっしゃるのですね(^^)。
私は片手挿管はまだまだコツがつかめないのですが、何とかがんばります。
クリ助さまのブログへ先ほどリンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いしますm(__)m。

コメントをどうぞ