Windows Update不具合

Windows Updateはおおよそ月の第2水曜に告知されることが多く、昨日が第2水曜に当たりましたので、Updateの表示から実行された方も多いと思います。

今回はUpdateに含まれるMicrosoft office2007に関する更新にトラブルが生じているようで、私もそのトラブルに遭遇してしまいました。

最初は気づかず、Updateの表示が出るたびにUpdateしていたのですが、今日になって、すでに更新成功しているにもかかわらず更新の表示が出ることに気づきました。

更新履歴を確認しましたら、同じ更新を3回も繰り返していたのです。

繰り返して更新していたことに気づいた際、常時メイン使用しているPCのエラーだと思ったので、Windows Updateのエラーを修復するFix itなどを実行したのですが解決せず、おかしいと思って他の2台のPCも確認したところ、同じ現象が生じていました。

ここまできて、やっとMicrosoft側のバグではないかと考えましたので、あちこち探しているうちにMicrosoftコミュニティーのスレッドを見つけました。

その質問には同様の現象に遭遇した方たちが返信していたので、このスレッドを見つけたことで、Microsoft側のバグだと確信したのです。

他にも探してみましたら、同じ現象に遭遇した質問のスレッドがいくつも立っていました。

 

これら質問に対して、Microsoftでは以下のコメントを発表しました。

セキュリティ情報 MS13-072/MS13-073 – 繰り返し適用を求められる現象について

現象

セキュリティ情報 MS13-072 Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2845537), MS13-073 Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2858300) で提供されているセキュリティ更新プログラム (KB2760411, KB2760583, KB2760588) において、セキュリティ更新プログラムをインストール後も、繰り返しインストールを求められる。

2013 年 9 月 11 日にリリースしましたセキュリティ情報 MS13-072 Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2845537), MS13-073 Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2858300) で提供されている一部のセキュリティ更新プログラムにおいて、セキュリティ更新プログラムをインストール後も、繰り返しインストールを求められる現象が報告されています。

現在、弊社では本問題を認識しており調査を進めています。インストールが必要なセキュリティ更新プログラムを検出するロジックに問題があることがわかっており、数日以内に修正を完了することを予定しています。

なお、一度セキュリティ更新プログラムをインストールした場合は、正しくセキュリティ更新プログラムは適用されており、脆弱性より保護されている状態です。本問題により、再度、セキュリティ更新プログラムを適用するよう求められても、再度インストールを行う必要はありません。

 

数日以内に修正プログラムを発表すると書かれていますから、それまで待つしかないですね。

再度インストールを行う必要はないとのことなので、未だに表示される更新プログラムは非表示の措置を取りました。

ちなみに、このバグはoffice2007に関する更新なので、office2010や他のバージョンをお使いの場合はトラブルは生じないと思いますEmbarassed

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ