電車内のベビーカー

最近は電車に乗ると必ずと言っても良いほどベビーカーを見かけるようになり、このブログでも何度か話題にしていますが、一昨日、気になる記事を見つけました。

“電車でベビーカー”反対2割 意識調査

国土交通省は2014年、電車やエレベーターなどではベビーカーを基本的に折りたたまずに使えるとのガイドラインを決め、使用をうながすベビーカーマークを導入した。しかし複数回の調査で、電車などでのベビーカー使用に反対する人は最高で21.1パーセントに上った。

 

Yahooニュースは削除されることが多々ありますので、次も載せておきます。

“電車でベビーカー”反対が2割‥国交省の調査結果に色々な声が出ている

 

反対の人がいるとは思っていましたが、2割に達していたとは驚きでした。

ベビーカーマークの認知度も低いのですね。

 

私も様々な状況を見ていますが、周囲に迷惑をかけないように気遣っていると感じる場合もありますし、電車のドアの前にベビーカーを置いてお母さんはスマホに夢中という場面に出会ったりもしているので、ベビーカーを使う側とそうではない側の双方に気遣いが必要だと常々感じています。

記事には

国交省ではベビーカー使用への理解と譲り合いを求めている。

と書かれていますが、都市部では車を持たない若い世代が増えているようですから、ベビーカーや妊婦さん、それに幼児同伴の場合の専用車両を設けるなど、具体的な対策が必要なのではないかと思った次第です

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ