言い返したほうが良い場合

いわれなき口撃をされたら、皆さまはどうなさるでしょうか。

昨日、偶然に次の記事を読み、いろいろと考えさせられました。

「言われっぱなし」をやめて「言い返したい」とき、勇気がでる魔法の考え方

 

時と場合によるでしょうが、私の場合は反論しない場合が多く、それは「この人には言っても無駄だろう」と思ってしまうためです。

そのため、上記事が気になったのですが、記事には次の記載がありました。

丸くおさめるために、納得できないことにも我慢する…、相手の思い込みなのに、反論しなかった…、これはたしかに我慢は“大人のたしなみ”かもしれません。

私の場合「大人のたしなみ」と考えたことはありませんが、丸く収めたいという思いは常にあります。

 

上記事には、「言われっぱなし」をやめてしっかり「言い返したほうがいい10の理由が書かれていました。

(1)悪くないのに「すみません」と謝り続けているうちに「毎度良くないことをやらかす人」というイメージが定着してしまう。

(2) 謝り続けることで相手の「他人に不快感を与える性格」が全く改善されない。周囲のために退治して環境改善に貢献しよう。

(3)誤解を解くために自分の正しさを主張したら、相手が激怒する?そんな未来は予測しなくていい。あなたの役目はただ言い切ること。

(4)相手が「逆ギレ」したら?そのときは「逆ギレ」したという「重大なミス」について徹底的に3倍返しでキレればいい。

(5)どんなに喧嘩しても5年後は忘れている。それぞれ自分の人生を必死に生きることに集中している。

(6)もつれて、絡んでどうしようもない関係は解体してサラ地に!そこに別の建物を新しく積み上げたほうが幸せは早く訪れる。

(7)言いにくいけれど正しいことを言い切らないのは、言い切れない方の人の罪になる。かえってそれは信用を失う。

(8)相手はあなたを口撃することに酔っている。その酔い覚ましの冷や水を頭からぶっかけるイメージで。

(9)人生、好きか嫌いでいい。それを縛る法律はない。

(10)あなたが迎撃したおかげで相手から感謝されることもある。「変わるきっかけをくれました」と。

 

10個の理由を読みましたが、私の場合は、「少し違うかな」と思えています。

言い返すことで変わることもあるようには思いますが、難しいですよね、人の思いはそれぞれですから。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ