帯状疱疹の増加

気になる記事を目にしました。

じわり増加、帯状疱疹 50歳以上の女性はご用心

 

上記事には、帯状疱疹について次の説明が書かれています。

顔や体の片側に激しい痛みが起きた後、赤い発疹が出る帯状疱疹。これは、子どものころに感染した水疱瘡(みずぼうそう)を引き起こす「水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルス」(以下ウイルス)が原因。水疱瘡が治った後も、ウイルスは脳や脊髄の感覚神経節に潜み、虎視眈々(たんたん)と活動のときを待っている。加齢や過労などで体の免疫が低下すると暴れ出し、帯状疱疹を引き起こす。一生のうちに3人に1人がかかるといわれている。

 

帯状疱疹は治療の開始が遅れると帯状疱疹後神経痛になる可能性もあり、厄介な皮膚病です。

私が気になったのは、次の箇所でした。

帯状疱疹は、50歳以上の女性に多い。糖尿病などの持病があったり、過労やストレスなどで体の免疫が低下していると発症しやすい。こうした人が帯状疱疹を防ぐのに有効なのが水疱瘡ワクチンだ。これまで効能は「水疱瘡の予防」だけだったが、2016年に「50歳以上の帯状疱疹の予防」にも拡大された。

 

幸いなことに私は今まで帯状疱疹に罹患したことはないのですが、年と共に免疫は低下しているでしょうから、今後は発症する可能性もあるかもしれません。

この年になって水疱瘡ワクチン接種など思いもしなかったのですが、予防の選択肢として入れておくべきなのかと思った次第です。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ